サラリーマン

アーリーリタイアしたい人がやるべきこと

アーリーリタイアしたい人が今すぐやるべきこと

現在の日本の会社員は、世界的にみても激務を強いられている人が多い国民です。

国内だけで生活している人は、その事実に気づいていない人もいるかもしれません。

しかし日本は、圧倒的に労働生産性の低い国民です。

このままの状況がいつまでも続くことはありえませんが、その事実から抜け出す方法を誰も教えてくれません。

その結果、無理やりに様々な物事を成立させるために、全ての人が無理を強いられている状況です。

皆で苦境を共にする・・・と言えば聞こえはいいですが、世界的に見れば傷のなめ合い、足の引っ張り合いをしているようにしか見えません。

もはや世界は標準化していく方向へ進んでいるため、日本一国で生きていくことはできませんし、どの国も世界の流れの中で生きていかなければならない状況なので、日本の価値観がどうか・・・といったレベルの問題は通り越しています。

では、これからの日本で生きていく上で、健やかで幸せな人生を送っていくためにはどうすればいいのでしょうか。

それは、

会社を辞める辞めないは自由としてアーリーリタイアできるカタチをつくっておくこと

です。

アーリーリタイア、つまりは早期退職したとしても生活できるカタチを築いておくことが重要です。

仕事をしている上でストレスを創り上げる大きな要因は「選択肢がないこと」です。

目の前にある仕事も、今働いている会社も、自分の意思で選択していれば、周囲から大変そうに見えたとしても本人にはあまりストレスがありません。

会社を辞めると生活していくことができなくなる・・・という状況が多くの日本人にいかにストレスになっているか計り知れません。

一昔前の日本であれば、会社がその会社員の人生を背負っていましたが、現在の日本の会社にはそんな体力も将来性もありません。

年々、給料を増やし続けられる会社も極わずかで、出世できるようなポストを創り続けられる会社も極わずかです。

会社も国も助けてくれない状況下で働き続け、給料も出世も期待できずに働くことは誰にとっても不安です。

そんな不安な会社を辞める選択肢もなければ大きなストレスになって当然です。

だからこそ、その根源的な問題である「辞められない」という状況を解決するためにも「アーリーリタイアできる」という選択肢が必要です。

「アーリーリタイア」できる状態だけを創っておけば、その後の選択は自由です。

では次に、アーリーリタイアできるようにするためには何が必要なのか考えていきましょう。

会社員がアーリーリタイアするために必要なこと

会社員がアーリーリタイアするために必要なことはシンプルです。

それは

給料以外の(現在の給料以上の)収入を持つこと

です。

会社に依存してしまう根源的な理由は、給料によって多くの会社員の生活が成り立っていることです。

そのため、給料と同程度の収入が別にあれば、会社に勤務し続けなければならない大きな理由がなくなります。

会社は給料を保障することで会社員の時間と体力を奪う権利を得ています。

本来はそこに会社員が会社を選ぶ権利が存在していますが、現在の日本はそれ以上に不安が大きいため泣き寝入りしてしまっているのが現状でしょう。

そんな現状に、給料以外の収入、しかも現在の給料と同額以上の収入があったとしたら、選択肢が無限大に広がるのは言うまでもありません。

その選択の一つがアーリーリタイアという形に繋がるのも自然な流れと言えるでしょう。

とはいえ、会社員が給料以外の収入を得るためには根本的な問題が存在しています。

その問題とは

日本人はお金のリテラシーが低いこと

です。

シンプルに言えば「お金」について学んだことがある人がほとんどいません。

アーリーリタイアするためには「お金」の知識が必要

「お金」は「稼ぎ方」を知っているだけでは「お金」から自由になることはできません。

「お金」には「稼ぎ方」だけでなく、「使い方」や「増やし方」、「守り方」があります。

稀に「稼ぎ方」を知っている人はいても、その他の要素を知っている日本人は少ないと言えます。

他の要素を知らずに稼ぎ続けたとしても、一向にお金は貯まらず、仕事から解放されることもなく、お金に振り回される人生を送ることになるでしょう。

それは会社員であれ、一般的に自由という認識の経営者であっても同じことです。

「お金」の知識なくして働いても、お金からも仕事からも自由になることはできません。

仮に一時的に稼いでアーリーリタイアしたとしても、簡単に収入源はなくなり、貯めていた資産は底を尽きるでしょう。

そんな典型的な例は有名スポーツ選手立の末路が自己破産である事実を見れば納得がいくのではないでしょうか(『有名スポーツ選手の末路に自己破産が待っている理由』)。

つまり、

アーリーリタイアができたとしても一時的なものでは意味がない

ということです。

継続して資産を形成し、着実に膨らませていくことができるものでなければ、会社を辞めてもまた別のお金の苦労が待ち受けているだけです。

そのため、アーリーリタイアできる状態を創りたいと思ったならまずは、お金に善悪をつけず、素直に向き合って学ぶ努力をしなければなりません。

お金の仕組みを知りながら資産を形成するおススメの方法

とはいえ、突然「お金」について学ぼうと思っても、何から始めればいいのか分からない人が多いと思います。

そんな方におススメの方法があります。

それは

不動産投資について学び、できれば実践すること

です。

不動産とは「お金」の仕組みそのものと言ってもいいほど、「お金」の仕組みが凝縮された業界です。

さらに、適切な方法を知っていれば、ローリスク・ミドルリターンで投資が可能なので、「お金」については学びながら資産を形成していくことができます。

さらにさらに、会社員の方であれば、さらなるメリットがある状態で不動産投資を始めることができます。

そのメリットとは

他人のお金を使って元手なし、月々の出費なしで資産を形成しながら月々もプラス収支を生み出すことができるということ

です。

これはもちろん会社員でなくても可能ですが、日本の多くの会社員にとっては上記のメリットを生み出しやすい状況にあります(『お金の知識を持った会社員は最強説』)。

それにも関わらず、そんな情報が一般化していないのは、日本人の多くが「お金」について学んでいないからに過ぎません。

気づいている人は次々とサラリーマン大家としてデビューし、早い人であれば2年、一般的にも5~10年で月収と同額を不動産投資で月々生み出し、アーリーリタイアできる状態を創り上げています(『会社員が早期退職で悠々自適な生活を送る方法』)。

資産を着実に形成すれば、様々な選択肢が生まれ、基本的に周囲の人間に対しても優しくなれるでしょう。

とはいえ、不動産投資にも様々な投資方法があるので、リスクの高い方法をとることはあまりおススメできないので、まずはしっかり学んでみることをおススメ致します。

オカシゴでは会社員の方に向けた『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、より具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

ぜひ今すぐにでも「お金」の勉強を始めてください。

そして「お金」に縛られた人生から解放され、自分自身の純粋な気持ちにそった人生を選択ができるようになってください。

個別に合わせた形でアドバイスが欲しい方は、オカシゴが提供する『オカシゴ個人資産コンサルティング』をおススメ致します。

お気軽にお問合せ下さい。

 

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

個人レベルのインフレへの具体的な対応策
結婚にためらっている会社員の悩みを一発解決する方法
理解してから動いているようでは手遅れになる時代
借金が減らない会社員の一発逆転方法
仕事に疲れた会社員におすすめの資産形成方法
ブラック企業で働く会社員におすすめの解決法

最新記事のチェックにフォローしよう