サラリーマン

会社員が早期退職で悠々自適な生活を送る方法

会社員が早期退職で悠々自適な生活を送るべき理由

会社員には様々な悩みが尽きないと思います。

しかし、それらの悩みは一つのシンプルな問題に帰結しています。

それは

会社員を仕事の選択肢の一つとして考えられないこと

です。

これは決して、会社員としての働き方を否定しているわけでも、独立を促すための考え方ではありません。

会社員には会社員の良さがあり、会社経営には経営者としての良さがあり、投資家には投資家としての良さがあります。

そして裏を返せば、それぞれにデメリットが存在しています。

最大の問題は、生きていくために何かに頼り続けなければならない状況を作り出すことです。

想像してみてください。

もし、現在の給料と同じだけの収入が給料以外に入ってくるとしたら、どんな生活をするでしょうか。

会社員を続けることも一つの選択肢であり、続けるとしても今よりもチャレンジングな形で取り組めるようになるでしょう。

つまり、オカシゴがおススメしているのは、何もしなくていい人生を送ることではなく、

早期退職をして悠々自適な生活を送ることができる状態を創り上げた上で、自分自身の選択で人生を生き抜いていく状況を創り上げること

です。

会社員が早期退職して悠々自適な生活をおくるために大切なこと

仕事を辞めて悠々自適な生活を送ることも良いでしょう。

新たな仕事に挑戦していくことも良いでしょう。

もちろん自分で会社を創るのもいいでしょう。

会社員をやりながら会社を創るというのも考えられます。

そんな生き方を実現するために最も必要なことは、収入源を増やすことです。

給料だけではなく、自身で確立した方法でキャッシュポインを増やすことが最重要です。

会社からの給料で生きれば、会社の意見に左右されてしまう状況は目に見えて明らかです。

とはいえ、いきなり会社を辞めて独立するのも、よっぽど用意周到でないとハイリスクなので、気軽におススメすることはできません。

とはいえ、SNSを見ていると流れてくる「PC1台で楽々〇万円」や「スマホ1台で楽々〇万円」といった情報に飛びついても簡単に結果に結びつくこともないでしょう。

世の中そう甘くはありません。

情報発信をしている本人でさえ叶っていない人はたくさんいますし、仮に上手く行っていても数年レベルの話でしょう。

では、どうすればいいのでしょうか。

早期退職できる状況を創るために最も大切なことは、

会社員であることに誇りを持つこと

です。

毎日定刻に出社し、時間に縛られ、出世できるのかも、給料が上がるのかも分からない会社で、働き続けられている自分を誇って下さい。

その結果得られているものに気づいてください。

最近の風潮では、ブラック企業という言葉が世間をにぎわせたことで、何やら会社員という職業が悪者のように捉えられています。

しかし、会社員には会社員としてのれっきとした誇るべきものがあります。

それは、勤務している会社の「経営者」にもないものです。

会社員だからこそ持っている社会的なメリット

その正体とは

社会的信用

です。

社会的信用は経営者よりも会社員の方が得やすいということに気づいてください。

もちろん「経営者」の中にも、非常に社会的信用の高い人はいます。

しかし一歩「経営者」という道を歩み始めると、社会的信用を築き上げるのは容易なことではありません。

間違ってもらいたいくないのは、社会的信用と顔の広さは関係ありません。

日本という社会において大半を占める会社員は、自身に社会的信用がついていることに気づいていません。

そして、

会社員だからこそ可能な社会的信用の活用方法

を知りません。

「社会的信用」の有効活用方法を知らない会社員が大半なだけで、会社員でいることの「社会的信用」は絶大なものです。

では「社会的信用」があると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

それは、

社会的信用は銀行からのローンを借りることができる最強のツール

です。

会社員が早期退職して悠々自適な生活を送る具体的な方法

日本人はローンと聞くと、それだけで抵抗があるかもしれません。

しかしローンや借金はすることに問題があるのではなく、その使い方でローンの価値が変わります。

もちろん銀行から借りたお金を「消費」に使っていては何も変わりません。

というよりむしろ人生を悪くするでしょう。

しかし、銀行のローンを活用し、資産を形成したり、収入となって返ってくる方法で活用すれば、それは収入源を増やす起爆剤になります。

例えば、銀行からのローンで不動産を購入し、他人に貸すことで「不動産経営」を始めましょう。

「不動産」となると銀行はさらに融資をしてくれやすくなる上に、元手もなしにプラス収支を生み出す方法があります。

他人のお金で買った不動産を、他人に貸すことで給料以外の「収入」を生み出すことができます。

会社員としての社会的信用を活用することで、自分の元手をかけることなく、着実に資産を増やし、不動産の家賃収入だけで現在の月収を超えることは、それほど難しいことではないでしょう。

そこまでくれば、会社員でい続けるのも辞めるのも自由です。

早期リタイアが希望なら、その希望に向けて「お金」を逆算し、不動産を購入していけば、早い方で5年、長くても10年あれば、その希望は叶うでしょう。

より具体的な進め方が知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまで「早期退職したい」とメッセージください。

また、オカシゴでは『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

【体験談/33歳既婚・子持ちサラリーマン】オカシゴ不動産投資体験記
年収1000万円の会社員はプライベートカンパニーで収入を増やせ
日本人は早急な自己防衛策の構築が必要不可欠
会社の将来が不安な会社員が今やるべきこと
会社員が名目上の所得を圧縮するとお金が戻ってくる
人生設計することの重要性

最新記事のチェックにフォローしよう