不動産投資

不動産投資で毎月マイナス収支になっている人の対処法

不動産投資で毎月マイナス収支になっている人の対処法

世の中で不動産投資を行っている人は無数に存在しています。

しかし、多くの人は毎月マイナス収支で回ってしまっており、一部の人間がプラス収支で運用しています。

それにも関わらず、購入を仲介してくれた不動産会社は、「毎月をマイナス収支にすることによって税金を還付させる」ことでトータルプラス収支にするという節税方法を紹介します。

しかし冷静に考えれば、

毎月をプラス収支にしても税金還付できる方法があるなら毎月をプラスにすべき

であることは間違いありません。

毎月をマイナス収支で税金を還付させるなら誰にでもできることです。

お金さえあれば、お金さえ用意できれば誰でもできる上に、不動産を活用しなければならない理由はありません。

どうせ不動産投資をするなら、月々をプラス収支で回しながら、税金還付も行うことで、より堅実に資産を形成していくことです。

マイナス収支にならない不動産投資法

では、具体的にどのような方法があるのでしょうか。

一つ言える最もシンプルな方法は、

全て自己資金を使って不動産を購入すること

です。

すると月々キャッシュアウトすることがないため、確実に毎月をプラス収支で終えることができます。

ただ、全てを自己資金で行うと損益分岐点を綿密に考えなければならない上に、よっぽどの資産家でないとキャッシュフローが悪くなるので危険でしょう。

となると残された方法は一つです。

それは

自己資金を一切使わずに、相場より安い物件を、金利の安い銀行からローンを受けて不動産投資を行うこと

です。

プラス収支の金額については時々による上、大きなキャピタルゲインは望みにくくなるかもしれません。

しかし、月々をプラス収支にしながら最終的には数百万円程度の現金を創り、着実に資産を形成していけば5~10年あればアーリーリタイアできるような状況を創ることができるでしょう。

不動産投資に取り組む人は、利回りや物件情報にばかり目がいってしまいがちです。

しかし、不動産投資の本質はそれらにはありません。

不動産投資とは、不動産業界における仕組みを知り、お金の仕組みをしることで有効的な活用方法をオリジナルで創り上げることが重要です。

ここで紹介した方法は、既に物件を購入してしまっている人にとっては無関係と思われるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。

現在はマイナス収支で回っていたとしても、状況によってはプラス収支にもっていく方法はいくらでも存在しています。

具体的な方法が知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまで「月々のマイナス収支を解消したい」とメッセージ下さい。

月々マイナス収支で回っていることは絶対にダメなわけではありませんが、できるなら早めに対処をしてプラス収支に転換できるようにしましょう。

ちなみにオカシゴでは、マイナス収支で回っている不動産の買取サービスも行っておりますので、合わせてご確認ください。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

会社員であることを最大限に謳歌する方法
1Rマンション投資のローン残債を一気に短縮できかつ資産形成できる特別な方法
お金を支払うことになる保険とお金が入ることになる保険
今、不動産投資するなら選ぶべき不動産
個人レベルのインフレへの具体的な対応策
不動産投資の大前提

最新記事のチェックにフォローしよう