お金のハナシ

有名スポーツ選手の末路に自己破産が待っている理由

有名スポーツ選手の末路に自己破産が待っている理由

「自己破産」と聞いて良いイメージを持っている人はまずいないでしょう。

しかし、日本でも一定数の人が毎年「自己破産」をしています。

その数は年々減ってはいるものの、決して少ない数ではありません。

自己破産の手続き自体は差ほど難しいものではありませんが、経験しなくても良いならわざわざする必要がないものです。

自己破産する人の理由は様々ですが、一般的に大きく稼いでいる人には縁のないものだと思われているかもしれません。

しかし、それは全くの反対で、いくら稼いだとしても自己破産してしまう人はしてしまいます。

とりわけ、

有名スポーツ選手の自己破産率が異常に高い

という傾向があります。

NBAやNFL、MLBといった、日本選手とは比べ物にならない選手たちの4割が引退後の3年以内に自己破産しているという統計があるほどです。

基本的に、引退後や自己破産してしまったその後の人生は、メディアに取り上げられることもないため、多くの人の目にさらされることはないため知らないかもしれません。

アメリカの選手だけではなく、実数値は出ていないものの日本のプロ野球選手であっても、自己破産を経験している人が多いようです。

その主な理由は、

・現役時代の生活から変われない
・事業失敗

などのようです。

しかしこれらは、表向きの理由であって本質ではないと私は考えています。

スポーツ選手がいくら稼いでも自己破産してしまう本質的な理由

問題の本質は、

お金に対するリテラシーが低いから

です。

お金の稼ぎ方に運はあっても、お金の使い方に運はありません。

一時的に稼ぐことができる人間はいても、継続的に稼ぎ続けられるお金の「使い方」を知るには勉強しなければ不可能

です。

資産の形成が世界的に上手い種族と言われるユダヤ人の教えでも、稼ぎ方以上にお金の使い方への教訓が多いようです。

そして「お金」には「使い方」と同時に「増やし方」、「守り方」があります。

「お金」の本質を学ぶには「稼ぎ方」、「使い方」、「増やし方」、「守り方」を知らなければなりません。

そして中でも危険なことは、「お金」について学ぶことなく大きく稼いでしまった人です。

これはまさしく、有名スポーツ選手に当てはまり、「お金」の強大な力に飲み込まれてしまいます。

では、実際にプロ選手達が引退後に悲惨な末路を辿らないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。

それは

現役時代に引退後のリスクマネジメントを徹底的に行っておくこと

です。

トッププロスポーツ選手に事業を行うセンスはありません。

というよりないと思ったほうがいいでしょう。

そのため、引退後は月給30万円になっても生活できるような仕組みを構築しておかなければなりません。

スポーツ選手である前に、全ての人は一人の人間です。

スポーツ選手を引退したとしても、生活は続きます。

スポーツが100%になっている生き方は、成功していれば周りから尊敬されるかもしれませんが、人としての責任としては無責任です。

ただ、スポーツ選手にはやっかいな問題も残っています。

有名スポーツ選手の多くを自己破産に導くるやっかいな問題

そのやっかいな問題とは、

他人の意見をききいれないこと

です。

有名スポーツ選手は、確かにその分野においては一流であり、優れた人間かもしれません。

しかし一度、そのスポーツ界から離れれば1人の人間です。

スポーツで大成したからといって人間として偉くなるわけではありません。

各人の分野においては自分の意見を尊重し、他人の意見を無視してもいいかもしれませんが、他のことに関しては素人です。

というよりむしろ、特殊な環境下で青年期を過ごすスポーツ選手は、一般社会においては「やっかいないな大きい子ども」のようなものです。

プライドが邪魔をし、他人に助けが請えず、その上、他人の忠告を聞けなくなります。

その結果が自己破産に繋がるとしても全く不思議ではありません。

オカシゴではスポーツ選手からの相談も多数あるので、ここに記している内容は単なる絵空事ではありません。

有名スポーツ選手の現実から学ぶべきこと

先ほども触れたことですが、こういった有名スポーツ選手から我々のような一般人が学ぶべきことがあります。

それは

・何かで成功したときこそ謙虚にならなければならないこと
・お金の稼ぎ方と使い方は違うこと

です。

下を見ればいくらでも下がいるように、上を見ればいくらでも上が存在しています。

自分がそこで成功だと満足すれば、様々なプライドが邪魔をするかもしれません。

しかし、貪欲に新しいことにチャレンジし、様々なことを吸収したいと思っていれば、他人の意見に適切に耳を向けることができるでしょう。

そして「お金」はいくら稼いだとしても「使い方」を誤れば、簡単になくなってしまうことが良く分かるでしょう。

むしろ「使い方」の方が重要で、原資は小さくても「使い方」さえ誤らなければ、着実にスポーツ選手以上の資産を形成することができます。

自分がやりたいことを職業にまで結びつける彼らの才能は素晴らしいものの、生活をしていくことを考えれば着実に資産を重ねていく会社員も十分素晴らしい存在であり才能です。

この記事を読んでいるあなたが、もし会社員であるならば、適切な「お金」の使い方を学び、着実に資産を形成する道を歩みましょう。

早い人なら2年ぐらいで月収と同額を稼ぎ、5~10年ほど着実にやれば多くの人が早期退職できるような状態を創り上げることができるでしょう(『会社員が早期退職で悠々自適な生活を送る方法』)。

具体的な方法が知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまで「資産形成をしたい」とメッセージ下さい。

現役スポーツ選手からのお問合せもお待ちしております。

お金のハナシの関連記事

Contents Menu

お小遣いを増やしたい会社員の現金形成術
そろそろ誰も守ってくれないことに気づきましょう
時代の移り変わりを感じていますか
正しい情報精査ができるようになるために必要なこと
【体験談/29歳独身OL】オカシゴ不動産投資体験記
お金のリテラシーを高めるための最大にして最初の一歩

最新記事のチェックにフォローしよう