サラリーマン

仕事とは何なのか

仕事とはお金を得るための手段ではない

仕事とは何のためにするものなのか考えたことはあるでしょうか。

当たり前すぎてストレートに考えてみたことはないかもしれません。

人それぞれ、様々な理由やタイミングによって考え方が異なるかもしれません。

しかし、人生というスパンで考えた時、仕事の目的として明らかに間違っている考え方があります。

それは

仕事はお金を増やすための唯一の選択肢という考え方

です。

仕事をすれば、その労働の対価としてお金がもらえます。

その労働の質に対して、もらえる対価の金額が変化します。

しかし、仕事とはお金を得る唯一の方法ではありません。

そして、

人生というスパンで考えた時に、お金をもらうことを目的とした労働は健康的な状態ではない

と言えます。

日本人は世界的に見ればたぐいまれなる勤勉な国民です。

しかし、その勤勉さが功を奏する時とマイナスに働いてしまう時があります。

特に現在のようなマイナスもしくは停滞している経済状況においてはマイナスに働いてしまう部分が大きくなります。

日本人は一般的に

お金とは労働の対価としてもらうもの

という認識があります。

しかし、何度も言うように、

「労働」とはお金を得るための数ある手段の一つ

に過ぎません。

他にもお金を得るための手段はいくらでも存在しており、そこには善悪はありません。

当然ながら、犯罪や詐欺といった行為が正当化されることはありませんが、それ以外であればお金を得る手段に善悪はありません。

しかし、日本人は労働を伴わない収入に関しては「楽をして儲けた」と考え、忌み嫌う傾向があります。

仕事とは何なのか

では、いったい仕事とは何なのでしょうか。

オカシゴでは、

周囲の人間を幸せにするための手段

と考えることをおススメしています。

仕事を言い換えると「働く」と言えます。

「働く」という言葉の語源は「側(はた)を楽(らく)にする」という説があるそうです。

その対価として分かりやすい例が「お金」であっただけで、仕事の本質は周囲の人間を幸せにするために存在しているとオカシゴでは考えています。

そして、周囲の人間を幸せにし続けていれば、その人の近くには人が集まり、人が集まれば自然と仕事や経済が生まれ、お金が集まってきます。

そんな幸せなループを起こすために、人は働いているのではないでしょうか。

と、ここで本日の記事を終えてしまうと、理想論でしかないように聞こえるかもしれません。

しかし、理想論を理想論として終えるほどもったいないことはないので、この理想論を実現するための方法もお伝えしたいと思います。

仕事の理想のカタチを実現するために必要なこととは

お金と向き合って、お金を勉強し、お金を学び、お金の「使い方」、「増やし方」、「守り方」を知ること

です。

お金から解き放たれるためにはお金に徹底的に固執すること

何やら言っていることと矛盾しているように感じている人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、全く矛盾はしていません。

今までに生きてきて、一度でも良いので「お金」について学んだことがあるでしょうか。

「お金」が何故このように生まれ、「お金」が人間の生活においてどのような役割を果たしているのか考えたことはあるでしょうか。

恐らく多くの日本人が一度も面と向かって「お金」について学んだことはないはずです。

それにも関わらず「お金」を使わずに生活する日はほとんどないはずです。

当たり前の存在すぎて気づきにくいかもしれませんが「お金」には明確な役割があり、「お金」にはその「稼ぎ方」、「使い方」、「増やし方」、「守り方」が存在しています。

そんな「お金」の特徴を知っている人は、着実に資産を形成しており、富裕層と呼ばれる人々になっています。

彼らは一般人からすれば、楽をして何もしていないように見えるかもしれませんが、「お金」の本質を見て選択し、行動している結果が富裕層の道へと繋がっています。

彼らと間違えやすいのが「成金」と呼ばれる人ですが、「成金」と「富裕層」は似て非なるものです。

「成金」と呼ばれる人は「お金」の「稼ぎ方」は知っていても、それ以外のことは知りません。

その結果は、たいていが気づいたころには話題から消え去ってしまっています。

消え去っているので気づかないかもしれませんが、「稼ぎ方」を知っているだけでは、一向にお金は増えないし貯まりません。

ましてや個人資産なんて形成することもできません。

お金はいくら稼いでも、「使い方」や「増やし方」、「守り方」を知らなければ、常に「お金」に振り回される人生を送ることになるでしょう。

お金を稼げないことにも問題はありますが、資産を増やしていくためには一般的な稼ぎで十分可能です。

そのため、

お金に縛られた人生が嫌なら、徹底的にお金に固執し学ぶことが大切

です。

固執するとは、ケチになれと言っているわけではなく、真剣に「お金」に向き合い、偏見を入れずに素直に、そして徹底的に学ぶことです。

お金の仕組みを知りながら資産を形成するおススメの方法

とはいえ、突然「お金」について学ぼうと思っても、何から始めればいいのか分からない人が多いと思います。

そんな方におススメの方法があります。

それは

不動産投資について学び、できれば実践すること

です。

不動産とは「お金」の仕組みそのものと言ってもいいほど、「お金」の仕組みが凝縮された業界です。

さらに、適切な方法を知っていれば、ローリスク・ミドルリターンで投資が可能なので、「お金」については学びながら資産を形成していくことができます。

さらにさらに、会社員の方であれば、さらなるメリットがある状態で不動産投資を始めることができます。

そのメリットとは

他人のお金を使って元手なし、月々の出費なしで資産を形成しながら月々もプラス収支を生み出すことができるということ

です。

これはもちろん会社員でなくても可能ですが、日本の多くの会社員にとっては上記のメリットを生み出しやすい状況にあります(『お金の知識を持った会社員は最強説』)。

それにも関わらず、そんな情報が一般化していないのは、日本人の多くが「お金」について学んでいないからに過ぎません。

気づいている人は次々とサラリーマン大家としてデビューし、早い人であれば2年、一般的にも5~10年で月収と同額を不動産投資で月々生み出し、早期リタイアできる状態を創り上げています(『会社員が早期退職で悠々自適な生活を送る方法』)。

早期リタイアできる状態を創っても、働き続けるという選択肢はもちろん存在しますし、そんな状態での仕事は、本日の記事で記した理想論を追求するものも実現できるはずです。

会社員を続けるもよし、独立し新たな価値を創造するもよし、一度リタイアして身体を休めるのもいいでしょう。

資産を着実に形成すれば、様々な選択肢が生まれ、基本的に周囲の人間に対しても優しくなれるでしょう。

とはいえ、不動産投資にも様々な投資方法があるので、リスクの高い方法をとることはあまりおススメできないので、まずはしっかり学んでみることをおススメ致します。

オカシゴでは会社員の方に向けた『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、より具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

ぜひ今すぐにでも「お金」の勉強を始めてください。

そして「お金」に縛られた人生から解放され、自分自身の純粋な気持ちにそった選択ができるようになってください。

個別に合わせた形でアドバイスが欲しい方は、オカシゴが提供する『オカシゴ個人資産コンサルティング』をおススメ致します。

お気軽にお問合せ下さい。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

大企業に入社できた会社員の本当のメリット
お金のために働きたくない会社員がやるべきこと
ブラック企業で働く会社員におすすめの解決法
仕事の目標を見失ってしまった会社員がやるべきこと
玄人サラリーマン大家も認めたオカシゴ不動産とは
仕事とは何なのか

最新記事のチェックにフォローしよう