サラリーマン

下からの突き上げに怯えている人がやるべきこと

下からの突き上げに怯えてしまう理由

組織とは、いくらフラットなイメージを与えたとしても、基本的にピラミッド構造しています。

多くの人を統括する人が階層として連なり、各責任者がいます。

そして頂点には必ず代表者が存在しています。

各責任者のもとには部下が存在しているのが組織です。

 

組織にはこれらの特性が必ず存在しているため、組織が存続し続けるにはある特徴が必ず存在しています。

それは

徐々に成長していくことができる環境があり、歳を重ねるごとに比較的に楽な状態(人それぞれですが)を目指す臨みがあること

です。

シンプルに言えば、出世できること環境があることで組織は継続していくことができます。

その結果、組織が組織である限り、必ず「出世争い」が存在します。

そしてこの「出世争い」が現在の日本においては大きな問題を引き起こしています。

それは

年功序列の崩壊による下からの突き上げに恐れる上司が増えていること

です。

いつの時代も「出る杭は打たれる」と言われるように、ある一定数の上司の嫌がらせは存在してきました。

しかし、昨今のように日本の経済状況が思わしくない中では、その他の複合的な問題が発生しています。

その問題とは、

昔の日本のように長く会社にいれば出世できるわけではなくなっていること

です。

下からの突き上げに怯えなくてもよくなるために必要なこと

この終身雇用の崩壊は、昔から言われていたことですが今まさに実感として感じ始めた人が増えてきています。

その結果、現在の日本で起きている現象は、全ての管理職にある人間が自分の地位を守ることを最優先にしています。

出世しようには上はつまり、下からは勢いのある若手が突き上げてきます。

とくに現在40歳前後の会社員にとっては、今後も会社が継続するのか、転職しようにも現場感のない自分がどこまできるのか・・・とにかく不安がつのっています。

では、下からの突き上げに悩み、出世や給料の上昇が期待できない人達が、それらの不安を解消していくためにはどうすればいいのでしょうか。

実は、答えは簡単です。

それは

会社の給料以外の収入を得ること

です。

つまりはキャッシュポイントを増やすことです。

多くの会社員はキャッシュポイントが一つです。

それはまさしく給料のことであり、給料以外の収入を持っている人は少数派です。

その結果が不安の残る会社にしがみつくたくなる原因であり、会社に依存して生きていかなければならない理由です。

多くの会社員は会社からの給料がなくなれば、たちどころに生活ができなくなってしまうでしょう。

だからこそ、今すぐ会社の給料以外の収入を得なければなりません。

会社への依存度とは給料が大半を占めています。

そしてその依存が全ての不安やストレスに繋がっています。

あなたが怯えている本質的な原因はお金です。

仮に想像してみてください。

今、何もせずとも月々30万円が給料とは別に手に入っているとしたら、あなたは何をするでしょうか。

30万円はあくまで例に過ぎませんが、金額は自分の給料に置き換えて考えてみてください。

恐らく全ての選択に変化が生まれてくるでしょう。

会社を続けるのも辞めるのも自由になります。

そして会社にいることを選んでも、仕事への取り組み方が変わります。

社内で大きなチャレンジをすることもできるし、給料が下がってでも、自分が本来やりたかった仕事へ転職してみることも可能です。

すべてを「お金」中心で考えると日本人は忌み嫌う傾向にありますが、「お金」を得ることは自由の切符を手に入れることを意味しています。

もちろん犯罪や詐欺行為を行ってはなりませんが、「お金」の仕組みを活用して「お金」を増やそうとするのはまったく問題はありません。

むしろ国として推奨されるべき行為です。

人間の大半は、経済的に豊かになれば気持ちにゆとりが生まれ、人に優しくできるという科学的な実証が出ているほどです。

 

下からの突き上げに怯えて仕事をしている場合ではありません。

給料の上昇も昇格も期待できないような会社で働いているのであれば、今すぐにでも給料以外の収入を創りましょう。

下からの突き上げに悩んでいる人におススメの給料以外の収入の創り方

とはいえ、突然に給料以外の収入をつくれと言われても、そんなことできていればやっている・・・と思われるかもしれません。

そんな方のために、オカシゴでは会社員の方に特におススメしているキャッシュポイントの増やし方をご紹介したいと思います。

その方法をおススメしているポイントは以下の3つです。

1.会社員にとって有利な方法だから
2.他人のお金を活用するので元手がいらない
3.ローリスク・ミドルリターンだから

大半の会社員は、自分達が置かれている立場のメリットに気づいていません。

会社員には会社員だからこそ持っている大きなメリットがあります。

そのメリットとは

社会的信用が比較的容易に構築できること

です。

社会的信用があるからできることは銀行からのローンが通りやすくなることです。

銀行からのローンとは、つまりは他人のお金であり、そのお金を活用することで自分の資産を増やすことができるなら、使わない手はありません。

そして最後に、投資などで資産を増やす際に最も重要な「リスク管理」においてローリスク・ミドルリターンを実現できることが重要です。

基本的に、リスクとリターンの関係性は比例しています。

リターンが大きいことはリスクが大きくなり、リスクが低いものはリターンが小さくなります。

この法則から逸れることはほぼなく、とくにローリスク・ハイリターンと言われるようなもには最も注意が必要です。

そんな中でローリスク・ミドルリターンで着実に資産を形成していくことができるものは貴重です。

では、そのオカシゴがおススメするキャッシュポイントの増やし方とは何でしょうか。

それは

不動産投資

です。

不動産投資は富裕層だけがする投資方法ではない

恐らくこの記事を読んでいらっしゃる方は、不動産投資を富裕層だけがやるものと思っている人が多いのではないでしょうか。

現実をみれば富裕層の多くがやっているのは事実ですが、富裕層でないとできない投資法というわけではありません。

むしろ彼ら富裕層と呼ばれる人達が、こぞって不動産投資に取り組んでいる理由を考えるべきです。

もちろん不動産投資にも様々な取り組み方が存在しているので、ハイリスクハイリターンな投資を行っている人がいます。

しかし、そんな人は決まって富裕層でないことが往々にして見受けられます。

一時的な成金や不動産業者に半分騙されたような人達がハイリスクハイリターンな投資に取り組んでいます。

富裕層と呼ばれる人たちは、決まってローリスク・ミドルリターンの形で着実に資産を形成していきます。

やっぱり不動産投資は富裕層にしかできないのか・・・と思われるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

ローリスク・ミドルリターンで取り組む不動産投資の方法と社会的信用を持っていれば一般的な会社員であっても取り組むことができます。

先ほども触れたように、会社員であれば社会的信用を構築しやすいため、銀行からローンを得やすくなります。

そして不動産は現物資産であるため、銀行がより融資をしてくれやすい対象です。

その結果、銀行からの融資によって得た資金で不動産を購入し、他人に貸し出すことができれば、他人のお金を使って自分の収入をつくることができます。

そんな夢のような方法があるのか・・・と思われるかもしれませんが、あるから多くの富裕層は不動産投資をしています。

あとはその方法を知っているかどうかです。

ローリスク・ミドルリターンで取り組む不動産投資の方法を知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまで「ローリスク・ミドルリターンで不動産投資したい」とメッセージ下さい。

その際には事前に、会社員の方に向けた『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、より具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

ぜひ中身のない出世争いや、漠然とした不安やストレスと闘うぐらいなら、不動産について学び、学びながらキャッシュポイントを増やし、人生を自由に選択できるようになりましょう。

早い人なら2年、一般的にも5~10年あれば、現在と同程度の月収を給料以外から生み出すことができるようになるでしょう。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

年収が350万円でも不動産投資はできる
玄人サラリーマン大家も認めたオカシゴ不動産とは
会社員であることを最大限に謳歌する方法
OLの不動産投資のはじめ方
お金と仕事のリテラシーが今の日本人には必要不可欠
会社員という特権階級

最新記事のチェックにフォローしよう