サラリーマン

お金の知識を持った会社員は最強説

お金の知識を持った会社員は最強説

昨今では、会社員の地位が失墜しています。

ブラック企業やブラック労働といった言葉が蔓延し、会社員は社畜と考えられ、全ての時間やお金を搾り取られる存在と考えられています。

そういった側面を持っているのも確かではありますが、それらが全ての側面だと考えるのは全くの見当違いです。

実は、

日本と言う国は会社員が優遇されている

という事実を知っているでしょうか。

恐らく大半の方は気づいていないでしょう。

なぜなら、

日本の会社員の大半はお金の仕組みを知らないから

です。

会社員になれば、社会のルールや会社のルール、仕事のルールを学んでいくのは当然のことです。

その中でモノの売買をやっているので、当然ながらお金の取引経験を少なからず体感しています。

しかしここで言っている「お金の仕組み」とは全く別の知識です。

会社にいても、学校に通っても得られるものではありません。

最近のホットワードで言えば「ベーシックインカム」や「リタイヤメントインカム」といった考え方が本来学ばなければならない「お金の仕組み」に近いと言えるでしょう。

いわゆる「収入=労働の対価」という考え方からの脱却です。

昨今の日本においては、簡単に収入が増えていくことも、年金の給付額が増えることもないでしょう。

つまりは、自分自身で自分の身を守っていくしかないということを意味しています。

今後は会社も国も個人を守ってくれることはありません。

では、自分自身を自分で守っていくために必要なこととはなんでしょうか。

それこそが

「お金の知識」を得ること、「お金のリテラシー」を高めること

です。

するとある事実に気づくはずです。

その事実とは

「お金のリテラシー」が高い会社員は誰よりも優遇されている

ということです。

会社員には特権的な要素が存在しています。

毎日決まった時間に出社し、毎月あがることのない給料をもらい、馬車馬のように働かせていることが有利に働く仕組みが存在しています。

今の世の中で言えば、全てが否定されている内容かもしれません。

独立がはやし立てられる時代にはなっていますが、本来は会社員の特権を活用してから考えればいいことです。

会社員であることを活用し、資産を確実に形成していしまえば、そのあとに取るべき行動は自由です。

会社員としてある意味では守られた存在のまま生活するもよし、独立して新たな挑戦に挑むもよし、全ては自由です。

問題は会社員でいることではなく、

会社員とししか生活することができない状況に陥っていること

です。

選択の自由がないことが全ての苦しみを生んでいるだけです。

自由に選べる中で「会社員」という生き方を選んでいれば、それはまた素晴らしい人生と言えます。

具体的に会社員にどんな特権があるのかどうかを知りたい方は、『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

AI全自動取引ツール「Abit(アビット)」で資産構築する新時代の資産運用
会社員が現金を残したければ個人事業主の顔を持て!
年収1000万円の会社員はプライベートカンパニーで収入を増やせ
会社員がいくらがんばっても貯金できない理由
【体験談/33歳既婚・子持ちサラリーマン】オカシゴ不動産投資体験記
会社の将来が不安な会社員が今やるべきこと

最新記事のチェックにフォローしよう