サラリーマン

楽な生活がしたい人が今すぐにやるべきこと

楽な生活の大前提

人間であれば誰しもが「楽な生活」を送りたいと思っています。

修行僧でさえ、自らの煩悩を打ち消すために修行をしていると考えると、神か仏でない限り「楽な生活」を求める人間の業からは逃げられません。

本日の記事では、オカシゴがおススメする「楽な生活」のおくり方をお伝えしたいと思いますが、そもそも「楽な生活」とは何なのか定義しなければなりません。

「楽な生活」とは何なのでしょうか。

恐らく一般的に考えられることは「年収が1000万円」や「お金に困らない生活」、「家族に囲まれた生活」と言った答えが返ってくるでしょう。

確かにこれらは間違いではないものの、全てではないはずです。

しかし「楽な生活」には大前提があることにお気づきでしょうか。

それは

年収がいくらであれお金に困ることのない生活をおくること

です。

年収が300万円であっても生涯お金に困ることのない人がいます。

反対に、年収が1000万円や1億円あっても、生涯お金に困らせ続けられる人もいます。

つまり「楽な生活」と年収はイコールではないことが分かるはずです。

とはいえ、生きていく上で、お金が余って困ることはほとんどありません。

年収は高ければ高いほど自由度が高まることは事実で、とはいえお金があるから自由になるわけではありません。

楽な生活を送るために必要なこと

では、本当に楽な生活をおくるためにはどうすればいいのでしょうか。

それは、

お金の特性を学び「稼ぎ方」、「使い方」、「増やし方」、「守り方」を知った上で資産を形成していくこと

です。

資産とは将来にわたってお金を生み出し続けるものの存在のことで、そんな資産を築くためには「お金」の知識が必要不可欠になります。

お金は「稼ぎ方」を知っているだけでは、一向にお金が貯まらない上に増えません。

「稼ぐ」のは一時の運で果たせる人がいても、正しい「使い方」を知らなければ散財してしまうのは目に見えています。

つまり、

楽な生活をおくりたい人に最も必要なことはお金について学ぶこと

です。

その結果、労働という実働をしなくても収入が得られる状態を創り、労働するという選択の自由や労働せずに悠々自適な生活を送るという自由が得られます。

楽な生活とは、

一つの大きな存在に依存せず、自分の意思で選択し続けられる状態

のことを意味しています。

人それぞれ、やりたいことや好きなことは異なります。

どれだけお金を持っても働きたい人はいるでしょう。

反対にお金がなくても順風満帆な生活を送れる人もいるでしょう。

しかし、そこに自分の意思という選択がなければ、途端に苦しい生活になります。

今あなたに年収と同じだけの収入があったとしたら仕事を続けるでしょうか。

もしこの問いに対して「NO」という答えならば、今あなたは自分の意思で動くことができていないのかもしれません。

年収が900万円あっても楽な生活はおくれない

世の中がかなりリスクの高い状態になりつつあります。

それは決して世界的な話ではなく、日本単体で考えた時にリスクがどんどん高まってきています。

そんな匂いを敏感にかぎ分けている人も少なくないでしょう。

昨今では、日本の会社員の70%は年収が500万円以下である中で、年収900万円を稼いでいる人の生活も全く楽ではない環境が訪れています。

楽ではないどころか、一歩間違えば自己破産に追いやられるほど危険な状態の人が増加しています。

「オカシゴ」は個人の経済状況を改善する個人資産コンサルティングを行っていることから、様々な環境下の方の財布事情を日々確認しているので、この傾向は確かです。

その大きな要因は

コンサルティング依頼を受ける半分以上の方は負債を背負っており、さらには自分自身の年収近くのカードローンやクレジットカードのキャッシング枠で借入を行っていること

です。

年収300万円や500万円の人からすると年収900万円もあれば悠々自適な生活がおくれていると思うかもしれません。

そのため、年収を上げようと必死になって仕事をしているかもしれません。

しかし、年収が900万円ある人でも、お金の仕組みを知らずに、ただ働き続けているだけでは借金は一向に減りません。

この事実は冷静になって考えれば簡単に気づく事実です。

彼ら年収900万円の人達は、年収が900万円になってから借金を始めたわけではありません。

銀行を中心とした「お金」の仕組みとは、将来に向けた返済能力を考慮に入れた上で融資をします。

つまり、年収が900万円に到達するであろうという前提で、年収が900万円以下の人間に借入をさせてくれます。

銀行が儲かる前提の仕組みは「生かさず殺さず」です。

一度、借入をおこした人間には、できるだけ借金を返済してもらいたくありません。

とはいえ、返すことができない状況になるのも困ります。

そのため、ギリギリのラインを常に研究し、我々一般人に融資をします。

人は年をとる度に必要な資金が増えながら、年収も増え、借入も増えます。

その結果、生かさず殺さずの状態が続いていくのですが、最近はこの仕組みに大きな問題が発生してきています。

労働を続けていては一向に年収が増えず楽な生活を送れない

現在の日本経済が直面している大問題があります。

それは

労働をいくら続けていても一向に年収が増えない事

です。

むしろ物価は上昇を続け、税金が増え続けていることを考えると、自由に使えるお金は減っているので、貧乏になっている人が増えていると言い換えられるでしょう。

そして先ほど伝えた通り、銀行を始めとした借金は「将来の成長」を前提に成り立っています。

その「将来の成長」が伴わない場合の末路は自己破産しかありません。

つまり、これからの日本においては借金で首が回らなくなる人が増加し続けます。

とくにその事実に定年退職後に気づいてしまった人による老後破産者が既に現れ始めています(『老後破産への現実的な対処法 ~老後破産とは』)。

これらの状況を創り上げている全ての要因は、「楽な生活」とは何か真剣に考えず、「お金」についての勉強を怠ってきたことです。

労働とはあくまで収入を得るための一つの手段であり、全てではありません。

労働だけに収入を頼ってしまうと、いつまでも働き続けなくてはならず、一向に選択の自由は生まれてきません。

かつては日本という国が成長を続けていたので成り立っていましたが、それらはあくまで運がよかっただけのことです。

これからの日本で生きていくためには、労働だけに頼らず、お金の仕組みを活用した資産形成を行わなければ生き抜いていくことは容易ではないでしょう。

とはいえ、一つ注意して頂きたいことは、労働を否定しているわけではないことです。

あくまで、自分の選択で労働をしているという状況を創ることが大切で、働かなくては生きていけないという状況を脱することが重要です。

そのために「お金」の仕組みを学び、働かなくても収入が得られる状況を創らなければなりません。

お金の仕組みを知りながら資産を形成し楽な生活をおくる方法

とはいえ、突然「お金」について学ぼうと思っても、何から始めればいいのか分からない人が多いと思います。

そんな方におススメの方法があります。

それは

不動産投資について学び、できれば実践すること

です。

不動産とは「お金」の仕組みそのものと言ってもいいほど、「お金」の仕組みが凝縮された業界です。

さらに、適切な方法を知っていれば、ローリスク・ミドルリターンで投資が可能なので、「お金」については学びながら資産を形成していくことができます。

さらにさらに、会社員の方であれば、さらなるメリットがある状態で不動産投資を始めることができます。

そのメリットとは

他人のお金を使って元手なし、月々の出費なしで資産を形成しながら月々もプラス収支を生み出すことができるということ

です。

これはもちろん会社員でなくても可能ですが、日本の多くの会社員にとっては上記のメリットを生み出しやすい状況にあります(『お金の知識を持った会社員は最強説』)。

それにも関わらず、そんな情報が一般化していないのは、日本人の多くが「お金」について学んでいないからに過ぎません。

気づいている人は次々とサラリーマン大家としてデビューし、早い人であれば2年、一般的にも5~10年で月収と同額を不動産投資で月々生み出し、早期リタイアできる状態を創り上げています(『会社員が早期退職で悠々自適な生活を送る方法』)。

早期リタイアできる状態を創っても、働き続けるという選択肢はもちろん存在しますし、そんな状態での仕事は、本日の記事で記した理想論を追求するものも実現できるはずです。

会社員を続けるもよし、独立し新たな価値を創造するもよし、一度リタイアして身体を休めるのもいいでしょう。

資産を着実に形成すれば、様々な選択肢が生まれ、基本的に周囲の人間に対しても優しくなれるでしょう。

とはいえ、不動産投資にも様々な投資方法があるので、リスクの高い方法をとることはあまりおススメできないので、まずはしっかり学んでみることをおススメ致します。

オカシゴでは会社員の方に向けた『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、より具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

ぜひ今すぐにでも「お金」の勉強を始めてください。

そして「お金」に縛られた人生から解放され、自分自身の純粋な気持ちにそった選択ができるようになってください。

個別に合わせた形でアドバイスが欲しい方は、オカシゴが提供する『オカシゴ個人資産コンサルティング』をおススメ致します。

お気軽にお問合せ下さい。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

会社員が現金を残したければ個人事業主の顔を持て!
会社員でいることを否定する必要はない
ブラック企業で働く会社員におすすめの解決法
お金の知識を持った会社員は最強説
残業が多すぎて疲れてしまった会社員がやるべきこと
不動産経営する時の場所の選び方

最新記事のチェックにフォローしよう