サラリーマン

会社員といっても株式会社自分の経営者

会社員といっても株式会社自分の経営者

独身であっても、結婚していても、自分の給料からいくら消費、貯蓄、借入、投資をしているか逐一管理している会社員はほとんどいません。

しかし、これらの4つの項目を管理できるか否かで経済的な自由度やストレスが大きく変化します。

これらの4項目は、まさしく会社経営をしていることと同義で、最近の風潮で独立志向が高まっていますが、会社員の内からできていない人が会社を経営してもできるようにはなりません。

そのため、会社員でいることのメリットにさえ気づかない人が多いのでしょう(『お金の知識を持った会社員は最強説』)。

オカシゴでは「お金」のことばかりお伝えするので「お金、お金うるさいな・・・」と思われるかもしれません。

お金では買えないものがあるとよく言いますが、まさにそれはそうだと思いますが、今現在の世の中の問題、悩み、妬みのなどのほとんどは「お金」で解決できるものばかりです。

資本によって、解決できるものが数多くある以上は資本力のある人と、ない人では、世間的に勝負をしても勝敗は明らかです。

と考えると資本力をもっておいた方が良いことは火を見るよりも明らかです。

とはいえ、日々の業務に忙殺され、自分の管理を徹底するような余裕がないことは理解しています。

そんな時間を短縮するためにオカシゴというサイトは運営されています。

ポイントだけを効率的につかみ、具体的に実践できる方法をお伝えしています。

株式会社自分を経営していく上では、4つの項目を常に紙に書いて判断できるようにしておくだけでほぼゴールと言っていいほど重要です。

逐一確認しておくことで、自然と資本力がつくような方向へと自分が導かれていきます。

とはいえ、常にやり続けることができない人が大半であるという大きな壁は存在しています。

その結果、大半の会社員はどんぶり勘定になり、給料日前の財布の中は空っぽになっています。

その月暮らしの生活から脱却するためには、株式会社自分の財務状況を把握しなければなりません。

まずはあなたの財務状況を全て紙に書きだしてみましょう。

もしかすると、転職も余儀なくされるパターンも出てくるかもしれません。

老後のことをもっとしっかり考える必要性が出てくるかもしれません。

いずれにせよ、可視化することで様々な物事が目で見てわかるようになると思います。

自分自身のことをよく知るためにも、いますぐ可視化してみることをお勧めします。

可視化した上で具体的なアドバイスが欲しい方は、オカシゴのLINEアカウントまで「資産形成のアドバイスが欲しい」とメッセージをしてください。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

お小遣いを増やしたい会社員の現金形成術
自分の本当にやりたいことがみつからずに焦っている会社員が今やるべきこと
仕事の目標を見失ってしまった会社員がやるべきこと
口先ばかりの会社員だけにはなるな
年収が500万円あっても借金はしてしまうもの
会社員は特権階級

最新記事のチェックにフォローしよう