サラリーマン

会社員が無理な節約をせずにできる貯蓄術

会社員が無理な節約をせずにできる貯蓄術

会社員の大半はできるだけ「貯金」をしたいと思っています。

しかし、現実を見ればどうでしょうか。

給料日前の財布の中は空っぽで、給料をもらったその日には、大半が家賃や借金に消えてしまい、次の給料まで節約生活を余儀なくされているのではないでしょうか。

さらに、必死になって節約をしているのに、また翌月の給料前には財布の中が空っぽに・・・なんてことを繰り返していないでしょうか。

ではそんな負のループに陥ってしまっている原因は何でしょうか。

無駄なお金を使いすぎているのでしょうか。

もちろんそんな面をもった方もいらっしゃると思いますが、基本的には節約を頑張っている人が大半でしょう。

それにも関わらず、負の給料日前の財布空っぽ現象から抜け出せない理由は簡単です。

その理由とは

根本的な原因(お金の使いすぎ)を捉え間違っているから

です。

では、なぜいつまでたっても貯金ができないのでしょうか。

その理由を知るためには、そもそも貯金ができる状態とはどのような状況か考えてみましょう。

貯金できる条件は以下の2つがそろった時です。

1.収入が増えていくこと
2.消費よりも収入の方が多い状態を継続すること

です。

この条件を見ていて気付いたことがないでしょうか。

そうですね。

まさしくこの2条件は今までの方法を用いていては、日本において破綻してしまっています。

今までの方法とは、会社員として給料をもらい、できるだけ節約して現金を銀行に預けておく方法のことです。

現在の日本において、普通に会社員として働いているだけでは給料の上昇は見込めません。

昔の日本では、終身雇用と年功序列によって年々の給料上昇が見込めました。

しかし、そんな状況が崩壊してしまっていることは誰もが理解していることでしょう。

また、節約も物価が上昇し続ける限り、必然的に生活に必要な費用は上昇し続けます。

つまり、

給料がろくに上がらない状況で、節約によって余裕を出したお金も出費増でイーブンもしくはマイナスになっている

ということです。

さらに状況は思わしくありません。

一度、税金が上がれば、必死に節約したお金が消し飛び、一般的に歳を重ねれば必要な生活費は上昇します。

もはや普通にしていてはお金が貯まる理由が見つかりません。

毎月貯金ができずに自己嫌悪に陥っている人もいるかもしれませんが、問題は精神力でも努力不足でもありません。

問題はもっと別のところに存在しています。

その問題とは、

「収入=労働の対価」という概念を捨て、着実に資産形成する方法を取り入れること

です。

たったこれだけで、今まで必死に節約しても貯まらなかった現金が、突然たまり始めます。

しかも会社員であれば、そんな日が翌月からすぐにやってきます。

今まで無理して節約をしていたのが何だったのか・・・と思うほどあっけなく逆転します。

では、具体的にどのような方法を行えばいいのでしょうか。

その方法が知りたい方は、『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているのでご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

会社員という特権階級
毎月10万円を貯金する方法
個人レベルのインフレへの具体的な対応策
会社員に自由な時間がなくなってしまう理由
【体験談/29歳独身OL】オカシゴ不動産投資体験記
お金と仕事のリテラシーが今の日本人には必要不可欠

最新記事のチェックにフォローしよう