サラリーマン

会社員が子どもの将来を本気で考えるならやらなければならないこと

会社員が子どもの将来を本気で考えるならやらなければならないこと

会社員であり、家庭を持っている人であれば必ず考えなければならないことがあります。

それは

子どもの将来のこと

です。

つまりは、家族の将来について考えなければなりません。

近い将来で言えば、子どもが成人するまで収入を維持することができるのか、また遠い将来だとは言え、いつ訪れるか分からない「死」に対しても考えておかなければなりません。

もちろんお子さんを持っている大半の方は、そんなこと言われなくても考えてらっしゃると思います。

ところが仕事中となるとどうでしょうか。

日々の業務が忙しすぎて、子どものことも考えながら仕事に取り組んでいるかと言われれば「?」が残る人も多いのではないでしょうか。

確実に言えることは、子どもは成長する度にお金が必要になり、それに比例して自分自身も歳をとっていきます。

つまり

お金が必要になるにつれて、稼ぐために費やすことができる体力はなくなっていく

ということです。

一昔前であれば、20歳前半で結婚し、45歳くらいまでに子どもが成人しているような時代であれば、稼ぎ時と体力が一致していたかもしれません。

しかし今では、40歳を超えてから子どもを授かる方もざらで、成人する時には定年前・・・なんてことも良くある話です。

子どもに費やすお金を考えながら、老後の生活に向けたお金のことも考えなければならなくなります。

そのため、できるだけ早くから「子ども」や「老後」に向けた資産を形成していかなければなりません。

・・・となると日本人が考える方法は「労働時間を延ばすこと」を考えるかもしれません。

しかし、現実を考えると、今でもいっぱいいっぱいで働いている人が大半と言えるのではないでしょうか。

もちろん時間を伸ばして稼ぐのも一つの方法ですが、長続きすることはないでしょう。

では、どうすればいいのでしょうか。

それは

レバレッジをかけた資産構築方法を実践すること

です。

基本的に日本人は「時間に対しての収入」という考え方がベースにあります。

しかし「時間単位の収入」を考えている限り、大きな資産を築くことも、余裕をもって生活することもできません。

最近はやりの言葉で言えば「不労収入」と言われる収入について真剣に考えていかなければならない時代に日本は突入しています。

具体的な方法は、人それぞれ適したモノががあるので、保険かもしれませんし、不動産かも、株式なのかもしれません。

とにもかくにも、体を動かして稼ぐのではなく、「お金」について勉強し、頭を働かせて収入を生み出すような方法を模索しなければなりません。

オカシゴでは、中でも会社員にとっては「不動産経営」が最も適していると考えていますが、現在の会社員に求められることは、どんなことでもいいのでチャレンジしてみることです。

自分が動いて自分で稼ぎ出す収入ではなく、他人やお金を活用して稼ぎ出す方法を実践する必要があります。

そのためには今まで仕事の考え方の延長線上に答えはありません。

具体的に興味がない人は、まず「不動産経営」については学ぶところから初めてみてください。

オカシゴでは『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

個別の資産形成方法を知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまで「個人資産コンサルティング希望」とメッセージください(『個人の資金繰りを改善させたいならオカシゴ個人資産コンサルティング』)。

これから子どもの将来に対して、不安な要素をたくさん抱えていらっしゃる会社員の方はたくさんいらっしゃると思います。

しかし「お金」に対して教養を高め、実際に行動に移していけば、経済的な問題は解決され、大半の不安を拭い去れるようになるでしょう。

ぜひ今すぐ「お金」については学び始めてください。

オカシゴではそのためのサポートは惜しみません。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

年収が350万円でも不動産投資はできる
理解してから動いているようでは手遅れになる時代
会社員が子どもの将来を本気で考えるならやらなければならないこと
会社員でいながら起業でき、かつ翌月から売上が上がる方法とは!?
会社員が不労所得で年間3,000万円生み出す方法
サラリーマンが投資をすべき理由

最新記事のチェックにフォローしよう