サラリーマン

会社の将来が不安な会社員が今やるべきこと

会社の将来が不安な会社員が今やるべきこと

世の中の大半の人は会社員と呼ばれるサラリーマンやOLの人です。

10人に1人は個人事業主や会社経営者といったデータもあるようですが、9割以上は会社員です。

会社員が存在しないことには、世の中が回らないことは誰しもが意識せずとも理解していることです。

しかし、現実を見ればどうでしょうか。

基本的には会社いの経営が優先され、一人当たりの単位で見ていけば、十分な給料や報酬が貰えていると実感している人はほとんどいないでしょう。

ましてや昨今では、ボーナスカットや残業カットなど、会社員としての収入は減少を続ける一方です。

そんな中で、激動を続ける日本経済において、自分が働いている会社の存亡に危機を抱いている人が増えているのではないでしょうか。

デジタル化やインターネット化が進んだ昨今では、突然どんな企業やサービスが現れ、既存のビジネスの根底を揺るがすか分かったものではありません。

では、転職や独立をすればいいのか・・・というと、そんなに短絡的な問題でもありません。

自分の会社に不安を覚えるということは、他の会社であっても同様で、通常の会社員であれば大きく別業界への転職をはかって、労働面や給与面が大きく向上することはありえません。

そのため、行くも地獄・・・帰るも地獄・・・いったいどうすればいいのか分からない・・・といった状態に陥っている会社員の方が多いのではないでしょうか。

きっと本記事を読まれているということは、そういった先行き不安な解決法を知りたいと思って読まれていることと思います。

ところで、会社員の方が自分の会社の存亡に対して不安になっている本質的な問題とは何でしょうか。

答えはシンプルです。

それは

「現在」及び「将来」への経済的な不安

です。

仮に、この不安が取り除かれていたとしたらどうでしょうか。

今の会社にい続けるという選択肢もとれる上、転職するという選択もとれるでしょう。

はたまた独立して勝負をかけたくなる人もいるかもしれません。

当然ながら、職場環境に対しての悩みが最優先事項の人もいるかもしれませんが、経済的な理由が本質的な問題である人が大半です。

本質的な問題に気づいたらやるべきことを明確です。

それは

給与以外のキャッシュポイントを増やすこと

です。

日本人の会社員の大半はキャッシュポイントが一つしかありません。

その一つとは給与であり、給与は会社から支払われるものです。

生きていく上で必要不可欠な「お金」の収入源が一つでるあことは、その一つに対して極度な依存をしてしまうことを意味しています。

つまりは、会社の意向に縛られざるを得ないことを意味しています。

会社に縛られている時、経済が上向きで、会社の経営も順調であれば何の問題もないかもしれません。

しかし、現在のように、全てが下向きの状態に陥ると問題ばかりが目に付く状態になっています。

今現在、自分が勤めている会社に対して不安を抱いているのであれば、転職や独立という選択肢よりも、まずはキャッシュポイントを増やす方法を考えてみてください。

世の中には会社員がキャッシュポイントを増やす方法はいくらでも存在しています。

オカシゴの過去の記事でも多数ご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

また、『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

個別の資産形成方法を知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまで「個人資産コンサルティング希望」とメッセージください(『個人の資金繰りを改善させたいならオカシゴ個人資産コンサルティング』)。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

会社員が早期退職で悠々自適な生活を送る方法
会社員が名目上の所得を圧縮するとお金が戻ってくる
体の健康が不安な会社員が今やるべきこと
サラリーマンを最強に変える情報の正体
会社員が子どもの将来を本気で考えるならやらなければならないこと
OLの不動産投資のはじめ方

最新記事のチェックにフォローしよう