不動産投資

不動産経営のリスクとメリットは年収で決まる

不動産経営のリスクとメリットは年収で決まる

不動産経営におけるリスクとメリットは、経営している人の収入によって変化します。

一般的に、不動産投資ができる年収の最低ラインは400万円ぐらいが妥当なラインです。

必然的に、年収が高くなればなるだけ、不動産経営におけるメリットは大きくなり、リスクは小さくなる傾向にあります(とはいえ当然ながら取り組み方で左右されます)。

例えば、年収が「400万円の人」と「800万円の人」を比較してみましょう。

年収400万円の人は、月の手取りは約30万円です。

ここから生活費を差し引けば、貯金できる金額はさして残らないでしょう。

仮に400万円の人がローンで不動産を購入し、月々2万円のマイナスが発生しながら返済をしていったとします。

最終的に確定申告を行い、税金の還付を受けると、年間収支はプラマイゼロもしくはマイナスになるでしょう。

それに対して年収800万円の人であれば、同条件で月々2万円のマイナスが発生したとしても、最終的に確定申告すれば、税金還付によって年間収支がプラスになってくるでしょう。

またもう一点、注目すべき点があります。

それは、

同じ額の出費でも本人が感じる影響が異なること

です。

年収400万円の人の2万円と年収800万円の人の2万円の価値には感覚的な部分で大きな開きが存在しています。

それが空室による家賃未収入状態になった時には顕著となるでしょう。

不動産経営をしていく上では、年収別に考えられるリスクと対処への緊急性を分析した上で取り組まなくては悲惨な結果が待っています。

どんな年収の段階で始めたとしても、万が一のことが起きても具体的な対応ができるように冷静な判断が下せるように準備しておかなければなりません。

つまりは、自分自身を把握し、自分の立ち位置を理解した上で、不動産の購入方法を検討する必要があります。

それは当然ながら、物件選びも同様です。

とはいえ、簡単に一般の方や、これから始めようとする人が、不動産経営におけるリスクを把握することは容易ではないので、現状の確認がしたい人、これから不動産経営をしたいがどのように進めていけば良いのか悩んでいる人は、オカシゴのLINEアカウントまで「個人資産コンサルティング希望」とメッセージください(『個人の資金繰りを改善させたいならオカシゴ個人資産コンサルティング』)。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

これからの時代は不動産投資も女性がリードする時代
不動産の基本は正しい業者選びをすることから
不動産経営の成功は業者選びで9割決まる
今、不動産投資するなら選ぶべき不動産
不動産投資に新築を求めるのは無意味
【新連載決定】不動産小町の真実|神田実沙季氏

最新記事のチェックにフォローしよう