サラリーマン

会社員がいくらがんばっても貯金できない理由

会社員がいくらがんばっても貯金できない理由

多くの会社員はいくらがんばって働いても全く貯金ができずに困っています。

その理由はなぜでしょうか。

原因はシンプルで

日本という国は世界的に物価の水準が高く上昇傾向にあるにも関わらず税金が増加している中で、平均給料が対して上がっていないから

です。

シンプルに言えば、入ってくる収入は大して増えないのに生きていく上で必要不可欠なものへの出費が増えているため、貯金なんて普通に生きていればできるわけがありません。

さらに現在の日本人を追い詰める要因に

長寿と年金問題

が存在しています。

長生きすれば老後に必要なお金が増える中で、年金の財源問題で生活できるようなお金がもらえない状況ができます。

つまり、

生産年齢の内に今の老人以上の貯蓄が必要になる

ということを意味しています。

今回の記事で取り上げている「会社員が貯蓄できな理由」は、中々根の深い問題を孕んでいます。

昔以上に貯蓄できない状況ができているのに、老後のことを考える昔以上に貯蓄しなければならない日本の実情が存在しています。

右を向きながら左を見ろ・・・と言っているような状態です。

また、そんな状況に陥っている会社員が一部ではなく、一流大学を出て、一流企業に就職しているような会社員の間でも問題になってきています。

もはや国の仕組みレベルで起きている問題なので、個人レベルで流れに逆らってもどうしようもありません。

つまり、

これからの会社員は国や会社がどうなっても、自分の力で生きていけるだけの備えをしておかなければならない

ということです。

そのための方法は様々あります。

FXや株式といった投資、副業として事業を経営することも一つでしょう。

中でもオカシゴがおススメしているのは「不動産経営」ですが、いずれにせよリスクを限りなく下げた上での資産運用を考えていかなければなりません。

労働によって収入を増やすだけではなく、仕組みを使った上での資産形成が必要不可欠になってきます。

今のまま「お金」について考えることなく生きていると、いくら努力をしていた所で将来に困ることになることは間違いありません。

「不動産経営」が会社員にとっておススメな理由は、『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートにまとめてあるのでご参考ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

個別の資産形成方法を知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまで「個人資産コンサルティング希望」とメッセージください(『個人の資金繰りを改善させたいならオカシゴ個人資産コンサルティング』)。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

会社員といっても株式会社自分の経営者
自己破産を前向きにとらえよう
楽な生活がしたい人が今すぐにやるべきこと
何かに依存している限り不安は減らない
自己資金なしで不動産を購入する
会社員という特権階級

最新記事のチェックにフォローしよう