保険のハナシ

生命保険は自分で選ぶもの

生命保険は自分で選ぶもの

突然ですが質問です。

あなたは自分の入っている生命保険を自分で選んでいますか?

恐らくこの質問に対して大半の人が「YES」と答えるでしょう。

確かに、最終的には自分で書類にサインをして契約しているので間違いではないかもしれません。

しかし、それだけで本当に自分で選んでいると言えるでしょうか?

保険の営業マンが提案してくれる内容の中から選んでないでしょうか?

生命保険の契約に関して最も危険なことは

実のところ営業マンに任せきりなのに、その事実に対しての自覚もないこと

です。

営業マンはどこまでいっても家族ではありません。

家族のように親身になって話を聞いてくれますが、あくまで彼らは営業マンです。

営業マンは営業マンである限り、生命保険の提案は仕事として行っています。

とくに外資系の保険外交員はフルコミッションで働いていることが一般的です。

つまり、

保険マンは最終的に毎月の掛け金をより高くした方が収入が増える

と基本的には考えています。

根底にあるのは顧客のことではなく、自身の収益です。

とはいえ、どこの業界でも同じなので、この根底にある考え方を誰にも否定することはできません。

そのため、この記事は決して保険業界を否定するものでもなく、保険マンを否定したいものでもありません。

何が伝えいたのかというと

生命保険といったとても大切な金融資産を選ぶときに自分で考えて選ばなければいけない

ということです。

生命保険にはあらゆる種類の保険形態が存在しています。

また国内だけでも様々な会社が提供しているものが存在します。

さらに言えば、国内だけでなく海外にもたくさんの生命保険が存在しています。

数限りなくある中からいくつかの保険を選び、自分のライフスタイルに適した組合せを創り上げなければなりません。

生命保険だけに関わらず、どんなことであっても決定したことが失敗に終わることもあれば成功することもあります。

成功する際はどんな形でも良いとは思いますが、失敗した時に自分で選んだか人任せになっていたかは大きな違いを生み出します。

人任せにした時は相手を恨み罵声を浴びせることしかできず、何の身にもなることはないでしょう。

反対に自分で選んだ場合は、自己責任だと考え、何を失敗したのか分析し、次回以降の選択への一つの経験とすることができます。

 

中でも生命保険は月々の出費は大きくなくても大半の人が思っている以上に最終的には大きな買い物です。

そんな生命保険の選択を人任せにせず、必ず自分で考えて選択するようにしましょう。

営業マンはあくまで保険に加入する際の窓口・・・ぐらいの気持ちで挑むのが適切なのかもしれません。

ちなみに、オカシゴの個人資産コンサルティングでは、保険の見直しを行うことも可能です。

オカシゴでは、保険によって収益を上げているわけではないので、何の垣根もなくベストな提案を行うことが可能です。

現在の資産状況において加入している生命保険が適切であるのか、これから加入を検討しているがどのように選べば分からずにお悩みの方は、オカシゴのLINEアカウントまでお問合せください。

保険のハナシの関連記事

Contents Menu

生命保険を見直すとお金が貯まるって本当?
個人レベルのインフレへの具体的な対応策
生命保険は自分で選ぶもの
日本という国の変化が進む
保険会社の成り立つ仕組み
火災保険、地震保険を活用していますか?

最新記事のチェックにフォローしよう