税金のハナシ

税金の仕組みはもはや悪魔的

税金の仕組みはもはや悪魔的

「税金」と聞いただけでゾッとする人がいるかもしれません。

というよりむしろゾッとしない人は危険だと感じた方がいいでしょう。

会社員の人で税金に対して恐怖を感じる人はごく一握りで、ある一定の年収を稼いでいる人だけが税金に恐怖を抱いているでしょう。

恐怖を抱いている一部の人間は、何とか税金を支払わないで良い形はないか本気を出して考えていると思います。

その結果、

年収が500万円~1,200万円の人が最も税金を納めている

という実情が出来上がっています。

税金の仕組みを勉強すればするほど、税金への恐怖が高まっていきますが、

富裕層が富裕層である理由は税金の仕組みを知っているから

です。

大半の人が知らないだけで(というより分かりにくくしている)日本は国として適切に節税できる方法を提供しています。

そして、その仕組みは一般人というよりも富裕層向けに設定されている傾向にあります。

その差は、一般人にはメリットが少なかったり、初期費用がかかったりするために取り組めないという実情があります。

そして多くの人ができない最大の原因は

節税する情報すら知らない(回ってこない)こと

です。

現在のままの状況が続けば、年収的に中流層の人間がますます過酷な状況へと追いやられていきます。

 

日本の税金の仕組みをシンプルに言えば

「お金持ちはどんどんお金持ちになり、貧乏はどんどん貧乏になる」

仕組みです。

しかし、この仕組みを覆す簡単な方法があります。

それこそが

税金の仕組みについて学ぶこと

です。

とくに税金を還付する(取り戻す)方法を勉強することです。

すると多くの富裕層が不動産を所有している理由に行き着くでしょう。

彼らは一般的な不動産投資によって儲けようと考えているわけではなく、不動産を活用し資産を守っていく(堅実に増やす)ことを考えていることに気づくでしょう(『不動産は投資よりも価値貯蔵機能に注目せよ』)。

税金対策の観点から低リスクで不動産を活用する方法を知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまでお問合せください。

税金のハナシの関連記事

Contents Menu

税金の仕組みはもはや悪魔的
自分の収入から所得税をどれだけ払っているか認識しましょう
年収1000万円の会社員はプライベートカンパニーで収入を増やせ
会社員が最も学ぶべきお金は収入よりも税金
稼ぎ続ける人が稼ぐことよりも大切にしていること
会社員が納めた税金を取り戻す方法

最新記事のチェックにフォローしよう