不動産投資

借金地獄から抜け出す方法

借金地獄から抜け出す方法

現在、日本は借金大国だと言われています。

2017年現在では約1100兆円もの借金を抱えている上、国債を毎年発行し続け、さらに借金を増やしています。

国民一人当たりの借金も1000万円に到達するほどの勢いです。

そんな中、国の資金源が国債と税収であり、その国債の返済に充てられるのは税金です。

国は知らず知らずのうちに一人一人の国民に借金を背負わせつつ、強制的な税金徴収を締め付ける状況を創り上げています。

すると現実的に国民の借金も増加し借金地獄に陥る人が増えている現状を創り上げています。

 

そんな辛い日々にピリオドを打つ数少ない方法があります。

それは

不動産を活用すること

です。

とはいえ「不動産」と聞いても一般的な「不動産投資」を意味しているわけではありません。

不動産を活用することで、自分自身のキャッシュフローの見直しができる上、税金地獄の原因をつくっている税金を取り戻す方法があります。

さらには、不動産は「減価償却費」としての経費にできる金額が大きいことから、現金を持ち出すことなく経費として税金の納付額を抑えることができます。

この「現金を出さないで経費にできる」というレベルのハナシでピンときた方のほとんどの方は不動産を購入するでしょう。

不動産を含む、還付される割合が大きな税金対策、現金を出さないでできる税金対策は、富裕層の喉から手が出るほどのほしい情報です。

ただ、富裕層だけでなく今では年収500万円前後くらいの方でも大きな現金を取り戻すことが可能になっています。

不動産は儲けるために行うのではなく、資産を保全するためのもの、資産をコツコツ形成するものと捉える方が無難でしょう(『不動産は投資よりも価値貯蔵機能に注目せよ』)。

大きく儲けようとするから失敗するのです。

 

不動産投資の関連記事

Contents Menu

これからの時代は不動産投資も女性がリードする時代
不動産投資のポイントは不動産が高いか安いかではない
今、不動産投資するなら選ぶべき不動産
サラリーマンが投資をすべき理由
お小遣いを増やしたい会社員の現金形成術
【体験談/33歳既婚・子持ちサラリーマン】オカシゴ不動産投資体験記

最新記事のチェックにフォローしよう