サラリーマン

会社員は特権階級

会社員は特権階級

会社員は知っている人からすれば、特権階級と言えます(『お金の知識を持った会社員は最強説』)。

しかし、世の中には会社員のメリットを最大限活かしている人は皆無と言えるでしょう。

その原因は

お金のリテラシーが低いから

です。

そんな現状を打破する目的でオカシゴは開設されたので、日々の記事の中で日本人はお金のリテラシーを高める重要性をお伝えしています。

会社員は時間的な拘束が強いものの、業務と業務外の区別がはっきりし、給与が固定で入るため、社会的な信用の観点で言えば「安定性がある」と判断されます。

一般的には経営者の方が有利に感じている人が多いとは思いますが、社会的信用の観点で言えば会社員の方が圧倒的に有利です。

これは、銀行に行きローンの審査を受ければすぐに分かります。

とはいえ、大抵の人は経営者になってから気づくことなので、手遅れなケースが大半です。

そのため、最近の風潮である「独立」に何の考えもなしに乗ってしまうのは非常にもったいないでしょう。

では最大の観点である「社会的信用があること」の活用方法とは何でしょうか。

それは

不動産を活用すること

です。

ローンを組んで不動産を経営すれば、元手も月々の持ち出しもなく資産を形成することができます。

そこそこの企業に勤めている人であれば、5~6年かければセミリタイアできる状況を構築できるほどです。

収入が400万円ぐらいある会社員であれば、不動産を活用した資産形成に取り組むことができるので、会社員であるうちに取り組み始めることをおススメします。

間違っても、国や会社の愚痴を言って無駄な時間を過ごさず、周りに流されて準備もせずに独立してしまうようなことは辞めておきましょう。

具体的な不動産の活用方法や、会社員として働いている現状の不満を打破したいという方は、オカシゴのLINEアカウントまでお問合せ下さい。

また、オカシゴでは会社員の方に向けた『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

会社員が早期退職で悠々自適な生活を送る方法
会社員という特権階級
会社員が給料を安いと感じてしまう理由
会社員が職場の人間関係に悩み続ける理由
人生設計することの重要性
会社の将来が不安な会社員が今やるべきこと

最新記事のチェックにフォローしよう