ライフプラン

チャレンジするのに悩んだ時の判断基準

チャレンジするのに悩んだ時の判断基準

何か新しいことに対してチャレンジする時は、誰であれ少なからず不安要素があります。

しかし、そんな不安要素がある中でも、何か新しいことにチャレンジしなければならない時があります。

むしろ、常に何か新しいことにチャレンジしていなければ、人は衰退してしまうので、不安な中でも何かにチャレンジしなければなりません。

とはいえ、何でも感でもチャレンジして失敗を繰り返し、生活がままならない状態になってはいけません。

未来はどんなに優秀な人物であっても100%を予想できるわけではありません。

つまり結果は、チャレンジしてみた後にしか誰にも分からないため、チャレンジする時に不安要素が0になっていることはありえません。

では、チャレンジすべき時とチャレンジすべきでない時は、どのように判断をすればいいのでしょうか。

それは、

リスクの正体を明らかにできているか否か

です。

これは裏を返せば、どんなチャレンジであれ、リスクを把握できていればチャレンジすることができます。

つまり、

人が不安を感じるのはリスクの存在が分からず、そのリスクヘッジができていないから

です。

そのため、何かにチャレンジしなければならない時は、まずリスクが何なのかを把握することから始めなければなりません。

そしてそれらのリスクを知るためには、人に相談したり、関係する知識を身につけなけれななりません。

次にリスクが判明したならやるべきことは一つで、そのリスクを可能な限り下げる方法がないかを模索することです。

冒頭でも述べた通り、それらのリスクが0にまでなることはありませんが、そのリスクを自分が許容できると考えられるラインまで下げなければなりません。

後はそのリスクを許容しながら次々とチャレンジをしていけば、基本的に生活は向上していくでしょう。

オカシゴでは、資産形成を行う過程で、不動産経営を中心にお伝えしています。

不動産は購入する単価が高いため、漠然とした不安を抱える人がたくさんいます。

さらに

リスクは取りたくなりが高リターンを求める

という人が多い傾向にあります。

しかし冷静に考えれば、そんな甘い話は存在していないことがすぐに分かるでしょう。

そんな物件が存在しているのなら、誰も手放したくなんてありません。

チャレンジをしていく時に大きなポイントになるのは「不安との付き合い方」です。

「不安」があるのは「分からないから」です。

「分からない」なら「分かる」努力をすれば解決します。

その努力をも惜しむのであれば、成果を得るどころか、日に日に衰退していく自分に出会うでしょう。

チャレンジはできるだけ多くすべきです。

とはいえ無暗やらたにチャレンジをすればいいわけではありません。

本日の記事を参考に、目の前の自分の不安としっかり向き合ってみてください。

自分で具体的にすすめられないという人は、オカシゴのLINEアカウントまで「チャレンジする時の不安を解決したい」とメッセージをしてください。

ライフプランの関連記事

Contents Menu

楽な生活がしたい人が今すぐにやるべきこと
何よりも先にやるべきこと
個人レベルのインフレへの具体的な対応策
いつの間にかお金がなくなっている理由
チャレンジするのに悩んだ時の判断基準
人生設計することの重要性

最新記事のチェックにフォローしよう