税金のハナシ

稼ぎ続ける人が稼ぐことよりも大切にしていること

稼ぎ続ける人が稼ぐことよりも大切にしていること

「稼げない人」と「稼ぐ人」の差はわずかであっても「稼ぐ人」と「稼ぎ続ける人」には大きな違いがあります。

「稼ぐこと」は一つの閃きで実現する人はたくさんいます。

しかし「稼ぎ続けること」はある事実に気づかない限り簡単ではありません。

その事実とは

稼ぐことよりも「取り戻すこと」にフォーカスすること

です。

ファミリーマートや、ベネッセ、長谷工コーポといった一流企業の会社役員ともなれば、年収は2000万円近くになります。

つまり必然的に源泉徴収税もかなりの金額になります。

稼げば稼ぐだけ源泉徴収税は高額になっていきます。

そのため、本気で資産を残こしていくことを考えると、稼ぐ金額を増やすことよりも、この源泉徴収税を何とかしないことには全くて手元にお金を残すことができません。

とはいえ、所得を隠したり、違法行為を行って税金を納めないようにするのは問題外です。

では、どうすれば源泉徴収税を取り戻すことができるのでしょうか。

ポイントは「減価償却費」を計上できるようにすることです。

その最大の手段が

不動産

です。

他には、飛行機を購入するためのLLCや、太陽光の一括償却(もう終了)やグリーン減税狙い、ふるさと納税といったことも考えられます。

とはいえ、これらは決して富裕層だけが行える方法ではなく、不動産であれば年収が1000万円以下の会社員であってもメリットを発揮することができます。

しかも、自分の元手は使わず、他人のお金を活用して月々のプラス収支、そして資産形成を行うことができます。

具体的な方法が知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまで「会社員の不動産活用法を知りたい」とメッセージをしてください。

また、オカシゴでは会社員の方に向けた『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

税金のハナシの関連記事

Contents Menu

会社員が最も学ぶべきお金は収入よりも税金
稼ぎ続ける人が稼ぐことよりも大切にしていること
税金の仕組みはもはや悪魔的
お金が貯まらない最大の要因は税金
自分の収入から所得税をどれだけ払っているか認識しましょう
年収1000万円の会社員はプライベートカンパニーで収入を増やせ

最新記事のチェックにフォローしよう