カードローン

会社員ができる借金の限度額

会社員ができる借金の限度額

借金は一般的にしない方がいいものと捉えられています。

しかし、借金にはメリットがあるものとデメリットがあるものが存在しています。

その区別については本題とそれてしまうので、また別の記事で記したいと思います。

ただデメリットが大きい借金の代表例はキャッシングやカードローンといった高金利の借金です。

また用途が消費のための借金は危険といえるでしょう。

とはいえ、社会に出れば様々な不測の事態が発生するため、どうしようもない場面もあると思います。

そんな時に、どれくらいの金額であれば取り返しがつくのかといった限度額を認識しておく必要があります。

その限度額を超えた時、生活スタイルから根本的に見直さなければ取り返しのつかないことになってしまうでしょう。

貸金業法の総量規制によって除外や例外要因はあるものの年収の3分の1以上は借金できないルールになっています。

ただしこれはあくまでルールであって生活水準を健康的に保っていくラインという認識ではいけません。

高金利での会社員の借金限度額は、

月給と同等額~1.5倍程度

です。

つまり、年利10%を超えるような借金をする時、月給が30万円であれば30~50万円が限度額です。

さらにこれは、月々の返済+ボーナスでの一括返済ができるという前提条件があります。

月に30万円の給与でボーナスが夏に40万円、冬に60万円の場合、年収が460万円~500万円になります。

この条件下で30万~50万円でないと、借入の返済は徐々に困難になっていくでしょう。

一般的な話と大きく乖離しているので驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、これが現実です。

突然に返済できなくなるような話であれば、多くの人が気づくかもしれませんが、実際に返済が困難になるのは少し先の話であるため、気づくのが遅れてしまうケースが頻発しています。

会社員が借金しやすい世の中になり、貸してもらえるから借りよう・・・と甘く考えていると後々に痛い目を見ることになります。

もし仮に、あなたがここで記した金額を超えた高金利の借金を背負ってしまっている場合は、可及的速やかな具体的解決法の模索が必要です。

具体的な方法が知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまで「借金の返済方法が知りたい」とメッセージをしてください。

また、月々の限定人数があるものの『オカシゴ徳政令で借金を一括返済』というサービスをオカシゴが提供しているので、合わせてのご応募をおススメします。

カードローンの関連記事

Contents Menu

借金が減らない会社員の一発逆転方法
会社員(サラリーマン)が100万円の借金をしてしまったらやるべきこと
パチンコやパチスロで作った借金を一瞬で返済する抜け道
オカシゴ徳政令で借金を一括返済
会社員ができる借金の限度額
生活できないからした借金は危険

最新記事のチェックにフォローしよう