サラリーマン

自己資金なしで不動産を購入する

自己資金なしで不動産を購入する

通常の方法で不動産を購入すると、ローンの頭金、税金、印紙代、司法書士代など少なからず自己資金を必要とします。

当然ながら、物件価格に応じて費用が大きくなるので、高価な物件であればるほど、必要な自己資金が大きくなります。

そのため不動産投資は一般的に富裕層の人が取り組む資産形成方法と考えられています。

不動産投資とは不動産を購入し他者に賃貸として貸し出すことで利回りを生み出すため、高価な物件であればあるほど収入が増えます。

しかしこれは、あくまで一般論であって例外があります。

つまり、

自己資金を0の状態にして不動産を購入する方法がある

ということです。

ポイントはその方法を知っているか否かという問題だけです。

しかもその方法は会社員であることが有利に働き、決して富裕層と言える人でなくても取り組むことができる方法です。

夢のような話に感じるかもしれませんが現実です。

自己資金0で不動産を購入し、ローンの返済は家賃収入で賄うため、どこにも手出しで必要なお金がありません。

年間でプラス収支を創り、少なくとも最終的に資産として不動産を持つことができます。

さらに、不動産は減価償却で赤字計上できるので、会社からの給料と損益通算することで、毎月会社に徴収されている、源泉徴収税を年末調整でほとんどの額取り戻すことができます。

これは、年収2000万円の人であれば、毎年2月ごろになると、300万円ほど現金が戻る計算です。

不動産投資は決して富裕層だけが行う資産形成方法ではありません。

また、不動産を購入すればそれで終わり・・・といったものではなく、常に不動産を活用できるだけの情報と知識を身に着けていくものです。

またハイリスク・ハイリターンで行うのではなく、ローリスク・ミドルリターンで進めていくものです。

もしあなたが会社員であるならば、不動産投資をやらない手はありません。

少なくとも、不動産投資をきっかけて「お金」に対しての勉強をすることで「働き方」や「お金の使い方」について考え方を改めるきっかけにすべきでしょう。

具体的な不動産の活用方法が知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまで「会社員の不動産活用法を知りたい」とメッセージをしてください。

また、オカシゴでは会社員の方に向けた『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

結婚にためらっている会社員の悩みを一発解決する方法
【体験談/29歳独身OL】オカシゴ不動産投資体験記
自分の本当にやりたいことがみつからずに焦っている会社員が今やるべきこと
何かに依存している限り不安は減らない
大学院を出ても年収が上がらない会社員が続出中
AI全自動取引ツール「Abit(アビット)」で資産構築する新時代の資産運用

最新記事のチェックにフォローしよう