不動産経営

分からないからは理由にならない

分からないからは理由にならない

不動産投資とは不動産を購入し経営することです。

不動産事業と言い換えることも可能で、何やら難しいことのように感じる人も少なくありません。

しかしながら、その反応は当然のことで、高校や大学、専門学校などを卒業した後に、会社員になった人からすれば、全くの別ルールの闘いをすることになるからです。

先ほども触れた通り、

不動産投資とは不動産を保有し不動産経営者になること

です。

「良く分からないこと」が溢れている世界に飛び込むのは簡単なことではないかもしれません。

しかし、現状はまったなしの状態になっていることに気づけば、そんなことさえ言えるような状態でないことが理解できるはずです(『日本の現状がいつまでも続くわけがない』)。

これからの日本において、人口ピラミッドを見れば、若者が苦労をするという構図は明らかです。

1~2名の若者で2名以上の高齢者を支えなければ行けないという時代がやってきます。

すると、現在の水準を保とうとしても、単純に給料は1.5~2倍は稼がなくてはなりません。

または、出費を半分に減らす必要があります。

しかし国策として物価は上昇をし続けることになります。

その結果、大半の人が行き着いてしまうのがカードローンやキャッシングの生活です。

もちろん、大局観における話なので、この話と当てはまらない人がいるのは当然です。

ただ、何の対策もなしに今後の人生を会社員として歩んでいると、ここでお話した未来が訪れる人が大量に増えるでしょう。

そんな未来を防ぐものこそが、ローリスク・ミドルリターンを得る不動産経営です。

なぜ不動産経営が防いでくれるのかは、現時点では分からないかもしれません。

しかし、勉強と経験をすれば、意味が分かることです。

逆に言えば、勉強と経験がなければ分かり得ないことです。

最終的な判断を下すのは自分自身ですが、判断材料の情報が欲しい人は、オカシゴのLINEアカウントまで「不動産経営が知りたい」とメッセージをしてください。

また、オカシゴでは会社員の方に向けた『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

不動産経営の関連記事

Contents Menu

分からないからは理由にならない
個人レベルのインフレへの具体的な対応策
不動産業界におけるワンルーム神話の崩壊
個人の資金繰りを改善させたいならオカシゴ個人資産コンサルティング
【体験談/25歳独身サラリーマン】オカシゴ不動産投資体験記
会社員が不動産経営に向いている理由

最新記事のチェックにフォローしよう