お金のハナシ

日本の現状がいつまでも続くわけがない

日本の現状がいつまでも続くわけがない

日本人は日本のことを知っているのでしょうか。

確かに日本の地理や歴史については詳しいかもしれません。

しかし、日本が海外から見た時の「異常さ」については全く知りません。

もちろん「異常」だから「悪い」という意味ではありません。

ただ「異常」であることは経済的な流れで言えば危険です。

昔以上に、そしてこれからはさらにグローバル化の流れは進んでいきます。

そんな中で、世界からの常識から逸脱してしまっていることは危険です。

仮に日本が覇権国であれば「異常」であっても世界が日本に合わせてくれるかもしれません。

しかし、どう考えても日本は世界にあるちっぽけな国の一つです。

人口でみても80分の1程度しかありません。

そんなちっぽけな国が、これからの世界経済の中で生き抜いていくには、国内で争っていても何も始まりません。

それにも関わらず、世間を騒がすニュースや政治は、国内で足をひっぱり合い続けています。

とにかく築き上げた利権を守るのに必死です。

つまり、

戦後から成長を続けた日本は限界点が近づいている

ということです。

多くの日本人は、現状がいつまでも続くような錯覚をしています。

それを「平和ボケ」と表現してもいいかもしれませんが、Xデーは確実に近づいてきています。

いつまでも同じことが続くなんてありえません。

それは歴史が証明してきています。

江戸時代に生きた人が江戸時代の終焉を考えていたでしょうか。

むしろ彼らは「江戸時代」に生きていたという感覚すらないでしょう。

今はいったい何時代と言えるのでしょうか。

その名前は終焉を迎えた時にしか分かりません。

100年後の教科書に、今の時代の終わりは何時で何時代と描かれているのでしょう。

必ず現状の終わりはやってきます。

そんな激変の時代に向けて、個々が自分の身を守るための対策を考えなければなりません。

国が守ってくれることも、会社が守ってくれることもありません。

現状でさえ年金で自立した生活は行えず、今後も支給額は減っていくことが明らかです。

さらに既に日本の税金額は高いにも関わらず、今後も減るような要因はありません。

長年勤めあげた会社でも、退職金が十分にもらえるような時代ではありません。

そんな時代に我々は生きているという自覚が必要です。

では、我々は今後のために何をすればいいのでしょうか。

応えは一つです。

それは

不足の事態や老後生活のために資産を築くこと

です。

オカシゴでは、個人資産を築くための情報を日々お伝えしています。

とくに会社員におっては「不動産」を活用することを強くおススメしています。

株やFX、仮想通貨といった手段も存在はしていますが、投機的な要素が強まっており、軽い気持ちで手を付けると危険だと言えるでしょう。

とはいえ、日本人はとりわけ「お金のリテラシー」が低すぎるので、可能な限りリスクを下げた形で何らかの投資にチャレンジし「お金」について学ぶ機会を創りましょう。

具体的な方法が分からないという方は、オカシゴのLINEアカウントまで「個人資産の築き方を知りたい」とメッセージをしてください。

また、オカシゴでは会社員の方に向けた『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

お金のハナシの関連記事

Contents Menu

会社員も自分という会社の一人の経営者
AI全自動取引ツール「Abit(アビット)」で資産構築する新時代の資産運用
社会にはあなたからお金を吸い取る仕組みで溢れる
自分のお金を守りたければ貯めるのではなく動かす
お金のリテラシーを高めるリスクとメリットのハナシ。
お金が貯まる人に共通する統計的な偏り

最新記事のチェックにフォローしよう