サラリーマン

会社員という特権階級

会社員という特権階級

会社員には絶対的な特権があります。

それは

社会的信用が高い人が多いこと

です。

そのため「不動産経営」とは会社員のためにある資産形成方法と言っても過言ではありません。

超富裕層であれば、現金を使って不動産を購入するかもしれませんが、そこまでの余裕がある人は富裕層であっても稀です。

つまりは大半の人がローンを使って購入することになります。

ローンをする際に最も必要になってくることは「社会的信用」です。

では「社旗的信用」とは何なのでしょうか。

社会的信用とは、

安定した収入が見込めること

です。

つまりはかなり曖昧なものです。

「安定した収入が見込める」と社会的に思われている職業こそが「会社員」です。

社会的信用さえあれば、自分のお金を使わずに不動産を持つことができる上、不動産を経営することで収入を得ることができます。

また、その不動産の所有がさらなる社会的信用を増すことで、さらにレバレッジをかけた資産形成方法にチャレンジすることができます。

大半の人は、これから10~20年後に問題が続出することに気づいていません。

なぜなら会社員の大半は自分達の老後に向けた対策ができていないからです。

大半の人は年金や退職金を当てにしていると思います。

しかし、そのあてにしている年金や退職金が今後どうなるか分かったものではありません。

また決まった通り支払われたとしても、長寿国である日本においては老後の経済的貧困は免れません(『日本は長生きすることがリスクの時代』)。

会社員は不動産経営のような特権を使わずに、老後の生活も国や会社に保証されていない状態です。

それにも関わらず、毎日きっちり会社に通い、会社のために必死に働き続けています。

自分の身は自分で守れるように、早い段階から資産形成していくプランをたてましょう(『人生設計することの重要性』)。

そしてあなたが会社員であるならば「不動産投資」について学び始めましょう。

やる・やらないは別にしても「不動産投資」を皮切りに「お金」について学ぶことをおススメします。

具体的な進め方が知りたいという方は、オカシゴのLINEアカウントまで「会社員の不動産経営が知りたい」とメッセージをしてください。

また、オカシゴでは会社員の方に向けた『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

会社員(サラリーマン)が100万円の借金をしてしまったらやるべきこと
結婚にためらっている会社員の悩みを一発解決する方法
残業が多すぎて疲れてしまった会社員がやるべきこと
お小遣いを増やしたい会社員の現金形成術
何かに依存している限り不安は減らない
口先ばかりの会社員だけにはなるな

最新記事のチェックにフォローしよう