サラリーマン

何か自己実現したい会社員が今やるべきこと

何か自己実現したい会社員が今やるべきこと

会社員の方はあることを自覚しておかなければなりません。

それは

会社員でいる限り得ることができる情報量が極端に少なくなること

です。

比較対象は富裕層と呼ばれる人に対してです。

なぜなら会社員は、毎日8時間以上も会社に拘束され、人によっては週5~6日程度続いている人もいるでしょう。

会社に勤めていれば情報が集まる・・・と考える人もいるとは思いますが、会社にいて集まる情報には必ず偏りが生まれます。

偏りすぎた情報にはほとんど利用価値はありません。

そんな会社員生活を送っているサラリーマンの中にも、積極的に外部の情報を仕入れることに意識をおいている人は存在しています。

そしてそんな人に限って「自己実現できる場」を必ずもっています。

情報を持っているから「自己実現できる」とは言えませんが、「自己実現できている人」は必ず様々な情報に触れています。

情報に触れるとは交友関係を広げることを意味し、一部の偏った人間だけでなく様々な分野の人間と接点を持つことも意味しています。

自分と同じ考えの人間ばかりではなく、まったく正反対の考え方を持った人間とのかかわりも重要な要素です。

なぜわざわざこんなことを記しているのかというと、情報に偏りを創らないためには重要な事実があるからです。

それは

様々な情報を得ようと思うと意識的に情報網を広げようとしないとできないから

です。

ただ一生懸命に生きているだけでは世界は広がりません。

人間はできるだけ楽な空間で生きていたい生き物なので、何も考えないと必ず一部に留まろうとします。

すると新しい情報を得ることができなくなる上、偏った情報の中で生き続けることになります。

そのため、

会社員はできるだけ意識をして情報の範囲を広げる努力をしなければならい

という状況になります。

では次に問題になるのが、それらの情報を得るための余裕を創ることです。

もっとシンプルに言えば、

自由に動けるだけのお金を得ること

です。

さらにそれらは、現在のお金への不安も将来へのお金への不安も取り除かなければなりません。

そのために最適な方法があります。

それは

不動産を活用した資産形成方法

です。

不動産はお金持ちにしか縁がないものと考えられてきました。

しかしここ最近では、日本銀行の低金利政策も相まって、銀行の貸出の不動産に関する分野の状況が変わってきています。

その結果、社会的信用の高い会社員は銀行から資金を借りて元金なしで不動産を購入することができます。

また不動産を他人に貸し出すことで収益を生めば月々のローン返済も不要の形をつくり、うまくいけばプラス収支さえ作ることができます

不動産経営なら実働する必要もないので会社員に最も適した副業と言えるでしょう。

とはいえ、どんな不動産でも買えば良いわけではありません。

選んだ不動産業者によってはひどい物件を購入させられてしまうこともあるため危険です。

具体的に不動産経営を始めたいと思った人は、オカシゴのLINEアカウントまで「不動産経営のはじめ方」とメッセージください。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

仕事の目標を見失ってしまった会社員がやるべきこと
人生設計することの重要性
会社員が無理な節約をせずにできる貯蓄術
毎月10万円を貯金する方法
楽な生活がしたい人が今すぐにやるべきこと
何かに依存している限り不安は減らない

最新記事のチェックにフォローしよう