サラリーマン

体の健康が不安な会社員が今やるべきこと

体の健康が不安な会社員が今やるべきこと

ここ最近の日本人会社員の労働環境は過酷を極めています。

サービス残業が一般化し、ブラック企業という言葉が流行語になるほど、会社員の労働環境が問題視されています。

病気になるならまだしも、過労死という死に至る原因にまで労働が影響するほどです。

生きるために働いている「労働」が自分を死に至らしめるとは何とも皮肉な状態と言えます。

そんな状況下にある会社員の方々は、常にある不安と闘っているのではないでしょうか。

それは

心身ともに自分の健康状態が今後も保たれるのかどうか

という不安です。

過度なストレスにおける「うつ病」の心配もあるでしょう。

それにも関わらず、昔の状況を知る上司からは「昔に比べると最近の若者はたるんでいる・・・」なんてことを思われている始末です。

上司は上司で部下の扱いに悩み、部下は部下で上司との関係に悩む・・・という負のループが生まれています。

では、そんな状況を解決していくためにはどうすればいいのでしょうか。

その解決策とは、

経済的な不安を解消すること

です。

こんな言い方をすると、拝金主義的に思われるかもしれませんが、現実問題として「経済的な不安の解消」はあらゆる問題を解決してしまいます。

「経済的な不安」とは「現在のお金に対する不安」と「将来に向けたお金の不安」に分けることができます。

それらの将来と現在におけるお金の不安から解き放たれた時、人は多くの不安やストレスから解き放たれます。

むしろ今までストレスだと感じていたことでさえ許容することができるようになります。

「世の中で大切なものはカネではない」とは言いますが、現実には生活するためにお金が必要不可欠です。

皮肉なことに、お金がない人ほど「世の中で大切なものはお金ではない」と言ってしまっています。

そのため、自分の身体の健康が不安な人には、今すぐにでも資産を形成する方法について考えることをおススメします。

とくに会社からもらえる給料以外の収入を創り、現在の収入と将来の資産形成につながる方法を考えましょう。

また、自分が実働せずとも稼ぎ出せる方法を考えましょう。

実は考えてみればいくらでも存在しています。

ぱっと思いつかない人は、まず「不動産投資」について学んでみることをおススメします。

やるやらないは別としても「お金」について学ぶきっかけになるので「不動産投資」について勉強してみてください。

オカシゴでは「個人資産コンサルティング」を行っていますので、個別に具体的な話が聞きたい方は、オカシゴのLINEアカウントまでお問合せください。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

何かに依存している限り経済的な自由は訪れない
個人レベルのインフレへの具体的な対応策
OLの不動産投資のはじめ方
会社員が現金を残したければ個人事業主の顔を持て!
体の健康が不安な会社員が今やるべきこと
お金の知識を持った会社員は最強説

最新記事のチェックにフォローしよう