不動産小町

会社員を旦那にもつ主婦が旦那に資産を形成させる方法

会社員を旦那にもつ主婦が旦那に資産を形成させる方法

一家の大黒柱は昔から「男性」が担ってきました。

「男性」が社会に出て給料を稼ぎ、「女性」が子育てを含め家事全般を担当することで一つの「家」が成り立っていました。

いわゆる「亭主元気で留守がいい」というのが昔の「家」の幸せのカタチでした。

しかし、今やそんな「家」のカタチは崩壊してしまっています。

そしてそのことに、全ての人が気づいている世の中と言っても過言ではないでしょう。

ただ、今も昔も変わっていない「家」の事情が一つあります。

それは

家計簿をつけるのは大半が女性であること

です。

「家」を経営していくと捉えた時に、実際のお金の流れを把握しているのは女性であることが大半です。

「男性」がしているお金の勘定で言えば、せいぜいお小遣いを月々いくら使うのか・・・といったぐらいでしょう。

これからは夫婦別財布になっていく「家」が多くなってくると思いますが、普段の家計簿は女性が多くを握っていく世の中はすぐには変わらないように思います。

と、ここで読者の方には一つ気づいて頂きたいことがあります。

それは

女性の方がお金を計算し貯めていく作業に向いていること

です。

一般的に女性は数字に弱いと言われますが、ことお金の計算、節約、貯蓄、資産形成においては女性の方が古くからやってきていることです。

実際に、最近オカシゴがおススメしている「不動産小町」の動きを見ていても、飲み込みが早いのは圧倒的に「女性」です。

そのため、一つの「家」として資産を形成していくためには、「女性」の役割が重要になってきます。

というよりむしろ

「家」として資産を形成していくのは女性

と言っても過言ではありません。

そんな中、既に家庭を持っている女性にお伺いしたいことがあります。

それは、

主人の現在の稼ぎに満足している女性どれくらいいるのか

ということです。

もちろん主婦だけでなく、働きながら家庭を守っていっている女性もいらっしゃるでしょう。

現在の日本の状況なども理解しているものの、主人の稼ぎに満足できている人はそこまで多くはない印象があります。

また、現在の収入だけに満足できないのならまだしも、将来的な不安が募っている女性も多いでしょう。

現在にも将来にも不安を抱きながら、家庭を守り、仮に働いているとしたらその精神的な苦労は計り知れません。

そんな生活を抜け出すためにも動き始めているのが「不動産小町」です。

女性が自分自身でも生きていけるように現在や将来のための資産を形成し、家庭に入っている主婦であれば「家」としての資産を形成させようと動き始めています。

とくに会社員の旦那を持っている主婦は、今すぐにでも「不動産小町」になるべきでしょう。

「不動産」を活用した資産形成方法は、男性が行うものという認識が一般的ですが、冒頭でも触れたように実は女性向けの資産形成方法です。

多くは、不動産で〇億円儲けた・・・とか〇千万円儲けた・・・という話が一人歩きするので、誤解を生んでいる業界と言えますが、それらは本来の不動産形成方法とは少し違います。

運がよっぽどよければそんなこともあると思いますが、あくまで副産物であって「不動産」は着実に資産を形成していく方法です。

そんな「不動産」の性質から、男性よりも女性の方が上手く「不動産」を活用する傾向にあります。

一般的ではないのは、ただ女性の参加者が圧倒的に少数であるだけです。

女性が男性を稼がせる時代がリアルになり、むしろ女性自身が資産を形成していく時代が訪れていることは間違いありません。

女性が「不動産」を活用していく具体的な方法や概要を聞きたいという方は、オカシゴのLINEアカウントまでお問合せください。

不動産小町の関連記事

Contents Menu

OLは今すぐ不動産小町と仲良くなるべし
不動産小町という会社にも旦那にも依存しない生き方
単身女性が自宅購入する時に考えるべきこと
不動産投資は不動産に使われるか使うかが勝敗の分かれ目
OLで借金している人の解決策
個人レベルのインフレへの具体的な対応策

最新記事のチェックにフォローしよう