不動産投資

年収300万円からでも始められる不動産投資

年収300万円からでも始められる不動産投資

会社員の間で、不動産を資産形成のために運用し始めたのは、ここ10年くらいのハナシではないでしょうか。

しかも、基本的には年収が500~700万円以上の人を対象として、各不動産会社が営業をかけていたため、年収が300万円台の人には高嶺の花のように扱われてきました。

しかし、ここ最近ではある現象が起きていることに気づいているでしょうか。

それは

年収300万円台の人でも不動産を購入するようになってきていること

です。

その大きな原因は近年の異常なまでの低金利のおかげでローン審査の対象が易しくなっている点が挙げられます。

先日の記事(『現在のリスクと将来のリスクのバランスが重要』)でもお伝えした通り、老後のことを考えれば月々10~20万円程度を貯金していかなければならなず、年収300万円台の人には到底かないません。

しかし、不動産を活用すれば、年収300万円台の人でも、毎月10万円弱、年間100万円~120万円ほどの「純資産」を作ることができるのです(『個人の純資産を他人のお金を活用して増やす方法』)。

不動産を資産形成に活用する際には、貸借対照表という一般人には聞きなれないものの、個人資産を考える上でも重要な財務諸表などを理解できるようになるべきでしょう(『不動産を活用するために必要な自己資本比率のハナシ』)。

ここ最近、オカシゴに問合せが来る人の中で、年収が平均よりも低い20歳代の会社員が増加傾向にあります。

彼らも「不動産など高額で話を聞く意味がわからなかった」、「高嶺の花すぎて興味がなかった」という意見を聞きます。

しかし彼らでさえも、オカシゴ不動産より適切な不動産活用方法を聞くと、現在の生活と将来の生活とのバランスを考え、資産の形成を始めています。

オカシゴ不動産でおススメする不動産活用は「儲ける」という発想よりも、堅実に「積み立てる」という発想で行うものです。

現在の不動産業界で中心になっている、インカムゲインやキャピタルゲインにばかりに目が向いた運用は、不動産活用の本質ではありません。

間違っても不動産の購入を検討している時に、旨い儲け話のように話してくる業者にはお気を付けください。

具体的に適切な不動産活用方法が知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまでお問合せください。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

不動産投資の業者選びのメリット・デメリットまとめ
お金を支払うことになる保険とお金が入ることになる保険
口先ばかりの会社員だけにはなるな
不動産投資するベストな間取りとは
【第3話】不動産小町の真実~お金のリテラシーを高めるためにやったこと
仕事とは何なのか

最新記事のチェックにフォローしよう