不動産投資

単身女性が自宅購入する時に考えるべきこと

単身女性が自宅購入する時に考えるべきこと

単身女性が自宅を購入する傾向が増えてきているということを某銀行から情報を入手しました。

オカシゴへの問い合わせの数を考えても納得のいく状況です。

単身女性の主な購入動機はいくつかあります。

例えば、

・今住んでいる賃貸の家賃より少なくて同等の家に住めること
・将来的に資産を持ちたい
・男性に依存する生き方を変えたい

といった理由が主なものだと感じます。

そこで、本日の記事では、単身女性が将来的に結婚等のイベントを機に、自宅に入るパターンや、子供ができてフルタイムで勤務できなくなったパターン等を考えた時に、どのような価格帯の不動産を購入すればいいのかを解説していこうと思います。

一般的な不動産の傾向として、都心部から地方にかけて価格が下がっていきます。

また、駅近ほど高く、駅から離れれば価格は下がってきます。

これは不動産価格の大前提です。

住宅ローンには「固定金利」のものと「変動金利」のものが存在し、モーゲージバンクでは固定を、都市銀行での住宅ローンは変動金利をお勧めいたします。

そこで、住宅ローンを使って10割融資で不動産を購入する場合、年収に対していくらぐらいの物件を購入すればいいのか考えてみましょう。

だいたい以下の価格帯を参考にしましょう。

・200万円・・・1300万円から1500万円の物件
・400万円・・・2200万円から3000万円の物件
・600万円・・・3500万円から4300万円の物件

諸条件は下記のような場所を探せるといいと思います。

駅近、築浅、投資用マンションではなく分譲マンション

が無難でしょう。

その理由は、いつの日か「賃貸」に出すことも考えた時に上記の条件を満たしていると運用しやすくなります。

女性の自宅購入の需要が高まっている中、住宅ローンは超低金利なので、この機会に今よりも財布からの現金の出費が減るのであれば、住宅の購入はベターな選択でしょう。

現在を考えても、先々を考えても単身女性の不動産活用は重要な資産構築方法です。

より具体的な購入方法や不動産の運用をお考えの方は、オカシゴのLINEアカウントまでお問合せください。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

不動産は投資よりも価値貯蔵機能に注目せよ
不動産投資は不動産業者の売り方で決まる
個人レベルのインフレへの具体的な対応策
本気で資産を築きたいなら必殺仕事家に働いてもらいましょう
お金が貯まる人に共通する統計的な偏り
不動産活用を本気で考える人が考えるべきこと

最新記事のチェックにフォローしよう