お金のハナシ

会社員も自分という会社の一人の経営者

会社員も自分という会社の一人の経営者

「収入」と聞いて何をイメージするでしょうか。

恐らく会社員の方であれば「給料」と同じ意味として捉えるのではないでしょうか。

しかし、これからの時代を考えても、今までも変わらず「収入=給料」ではない人が経済的に自由を手に入れています。

また、とくにこれからは「収入」の概念を変えていかないことには生きづらい世の中が待っているでしょう。

「収入」とは給料だけを指す言葉ではありません。

事業を行い事業収入を得る、会社経営者として役員報酬を得るなど収入の方法は様々です。

そしてそれらの「収入」を元にさらに「収入」を得ていくこと、つまりはお金の使い方によってその人の経済状況に変化が生まれます。

会社における「収入」とは売上や利益のことを指し、会社員で言えばそのメインが給料にあたります。

そう考えれば、

会社員であっても自分と言う会社の経営者

と考えることができます。

そしてここ最近の自分会社が資金ショートしている人が続出しています。

つまりは借金をしている人が急増しているということです。

そもそも自分が資金ショートしてしまっていることにすら気づいていない人が増えています。

では、自分と言う会社を立て直していくためにはどうすればいいのでしょうか。

その手段には様々ありますが、中でもおススメの方法は「不動産活用」です。

今までのイメージのような投機性の高い「不動産投資」というよりも「不動産積立」というイメージで不動産経営を行うことです(『不動産投資よりも不動産積立が会社員には必要不可欠』)。

マンションオーナーになることで家賃収入を得ることで不労収入を確保しながら、様々な節税の方法を駆使することで確実に資産を形成していくことです。

大きな利益を狙うとそれ相応のリスクが伴います。

不動産は投機性を求めるとメリットが薄くなります。

しかし、適度な利益を求めれば、それだけリスクを低減することが可能です。

オカシゴが行っている「不動産コンサルティング」は、毎月を確実にプラス収支にしながら安定的に資産を築いていく方法です。

既に不動産を所有してマイナス収支になっている人はもちろんのこと、これから自分会社の経営状況を改善していきたいと考える人は、オカシゴ不動産コンシェルジュに相談してみることをおススメ致します。

具体的な相談は、オカシゴのLINEアカウントまでお問合せください。

お金のハナシの関連記事

Contents Menu

自分のお金を守りたければ貯めるのではなく動かす
お金と自分の距離感を考えよう
お金のために働きたくない会社員がやるべきこと
経済的な自立をするために必要なこと
老後資産は遅くても30歳から考えないと間に合わない
不動産を活用するために必要な自己資本比率のハナシ

最新記事のチェックにフォローしよう