不動産投資

不動産投資よりも不動産積立が会社員には必要不可欠

不動産投資よりも不動産積立が会社員には必要不可欠

最近では、無駄なものは買わない、最低限の生活ができればそれほど贅沢はいらない、という考え方が若年層の間で一般的のようです。

50歳前後の方々はバブルの時代を経験し、若手時代にバリバリ働き、お金を持って贅沢がしたい思いが強い傾向があります。

そんな中で若年層の間で流行っているのが資産を形成することですが、資産を形成する方法は世の中にたくさん存在しています。

ただ、その中でもいつの時代であっても最強の存在は「不動産」です。

そのため「不動産投資」が盛んに行われ、一世風靡をしていた時代があります。

オカシゴでも「不動産投資」を若年層の、しかも会社員の人こそ利用すべきだと考えていますが、オカシゴを通して「不動産」を購入する人は、どうやら「不動産投資」に別のイメージを抱いているようです。

オカシゴがおススメする不動産は「不動産積立」と言えるような「不動産」の活用方法です。

恐らく「不動産投資」のイメージは、キャピタルゲインやインカムゲインを最大化し、一種のギャンブル性を伴って運用していく方法だと捉えられがちです。

そのため「利回り」がいくら・・・とか物価の上昇がうんぬんかんぬん・・・とかプロでさえ読み切れない情報を一般人が大きな儲けを狙って不動産を購入するものと考えているようです。

しかし、不動産は利回りやキャピタルゲインを狙っているようでは最大限の活用ができているとは言えません。

不動産は「儲ける」というよりも、資産を「積み立てる」ことに活用するほうが大きなメリットを生み出してくれます。

その一つの方法としては「節税」が挙げられます。

「節税」と聞くと、税金を納めないようにするもの・・・と考えられがちですが、

本物の「節税」は税金を納めた上で納めた「税金」を取り戻すこと

です。

会社員にとって税金は馴染みないものですが、会社員であれば必ず「源泉徴収税」というものを納めているはずです。

「不動産」を購入すれば「減価償却」という経費を活用することで、これらの「源泉所得税」を還付し、住民税や保険料を低減させることが可能です。

さらに不動産は自分の元手の資金が一切不要で購入し、月々のインカムゲインを得ることも可能です。

大きく儲けようとすると「不動産」はギャンブル性が高くなりますが、確実に資産を「積み立てる」方法を模索すれば「不動産」ほど資産形成に最強のツールは他にありません。

 

不動産投資と聞くと二の足を踏んでしまう人が多いとは思いますが、「不動産積立」という考え方で「不動産」を捉え直してください。

現在お持ちの「不動産」を切り替えてプラス収支にもっていくことも可能です。

「不動産」は業種的に特殊で馴染みがない人が多いと思いますが、情報を調べれば調べるほどまだまだたくさんの活用方法があることに気づきます。

現状を踏まえた上で、どのように「不動産」を活用し、資産を積み立てていけばいいのか知りたい方はオカシゴのLINEアカウントまでご相談ください。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

OLは今すぐ不動産小町と仲良くなるべし
資産を形成するための第一ステップ
不動産投資よりも不動産積立が会社員には必要不可欠
不動産投資の大前提
【体験談/25歳独身サラリーマン】オカシゴ不動産投資体験記
お金が貯まる人に共通する統計的な偏り

最新記事のチェックにフォローしよう