源泉徴収

会社員が最も学ぶべきお金は収入よりも税金

会社員が最も学ぶべきお金は収入よりも税金

自分が納めている税金について考えたことがあるでしょうか。

主に会社員が納めている税金と言えば「所得税」です。

そしてその「所得税」は当たり前のように「源泉所得税」として給料から毎月差引かれていきます。

源泉徴収とは会社単位で、各社員の給与から税金を計算し、その税金は強制徴収し、国に収めるための仕組みです。

この仕組みが日本人の金融リテラシーを低下させています。

もちろん時代の流れを考えれば上手く機能していた時代もあったわけですが、昨今の世の中では悪い面ばかりが目立ってしまっています。

税金還付の話や節税関係の話はできる限り情報がシャットアウトされ、ごく一部の方々しか知りえない状況を作っています。

あくまでルール上は誰にでも適応できる方法でも、より複雑に分かりにくくすることで利用できる人が実質上制限されてしまっている状態です。

日本は、年収500万円以下が70%を占めており、そんな会社員の世界には情報が届きません。

会社員を多数輩出することを基本とした日本の教育では、お金のことを考えることよりも、勤労することを美徳とした価値観が教育されます。

しかし、今までもこれからも、最終的には国があなたを守ってくれないことを理解しておかなければなりません。

自分の身は自分で守ることが世界的なスタンダードで、国のために働いてえられる恩恵はとくにこれから微々たるものへと変化していきます。

そして自分自身を守っていくための第一歩こそが「税金」について学ぶことです。

そして「お金」について、「仕事」について学ぶことです。

まずは自分の給料からいくら税金が天引きされており、年間でいくらになっているのか見てみましょう。

給料は完全に奥さんが管理しており、自分の正しい年収すら把握していない人さえ存在しています。

そして次に考えるべきことは

それらの源泉所得税を取り戻す方法があるのか否か

です。

現実にそれらの源泉所得税を還付する(取り戻す)方法は存在しています。

その方法も利用できるのは特別な人間ではなく、情報を知っているか否かで実現してしまいます。

「お金」について学び、金融リテラシーを高め、確実に資産を構築していくためにも、まずは自分の税金について学びましょう。

源泉徴収の関連記事

Contents Menu

会社員が最も学ぶべきお金は収入よりも税金
会社員が現金を残したければ個人事業主の顔を持て!
源泉徴収税について考えたことがありますか?
年収1000万円の会社員はプライベートカンパニーで収入を増やせ

最新記事のチェックにフォローしよう