不動産投資

不動産投資をギャンブルにしないために必要なこと

不動産投資をギャンブルにしないために必要なこと

不動産に対するローン融資の審査が非常に厳しくなっている実情があるようです。

その一つの理由として、数々の評論家や専門家が、不動産価格の高騰により現時点で不動産を購入するのは高値で購入することになりリスクが高いと評価されているからです。

しかし、この評価は果たして事実なのでしょうか。

ポイントは専門家や評論家は、あくまで専門家や評論家であって投資家ではありません。

専門家や評論家の仕事は、目の前の事案に対してコメントをすることです。

そのため、何かしら当たり障りのないことを言っておくことが一般的なので事実か否かは懐疑的なものです。

ところで、これらの不動産に関する専門家や評論家が気にしているポイントは何でしょうか。

それは

キャピタルゲインやインカムゲインといった収益だけを主眼においた不動産投資

です。

キャピタルゲインやインカムゲインを目的とした不動産投資は、どんなにキレイ事を言ったとしても投資ではなく投機です。

よっぽどの国家レベルの機密情報などに触れていない限り、土地の値上がりを100%予測することはできません。

ましてや日本国内はキャピタルゲインを狙えるような地域は極一部しか残っていません。

まさにそういう意味では、現在の大半の専門家が言っていることは正しいように感じます。

しかし、不動産の活用方法はキャピタルゲインやインカムゲインだけではありません。

キャピタルゲインやインカムゲインを狙った不動産選びと資産形成をするための不動産選びは似て非なるものです。

資産形成をしていく上では、現在の可価が高いや安いはあまり関係ありません。

株やFXの世界ではドルコスト平均法と呼ばれるように、タイミングにあわせ購入していくことは資産を保全していく上では鉄板的な考え方です。

不動産投資はキャピタルゲインやインカムゲインのバランスを考えた上で、もっと堅実に資産を形成し自信の価値を貯蓄していくために活用するものです。

これからは不動産投資に対して資産形成や資産保全といった視点を取り入れて不動産を購入していくようにしなければなりません。

現在すでに月々マイナスを生み出している不動産を抱えている人、これから不動産投資によって資産を形成していこうと考えている人は、この記事をぜひ参考にして不動産のその他の活用法を模索してみてください。

不動産は複合的な方法をとれば様々な活用方法があります。

具体的な方法を知りたい方はオカシゴのLINEアカウントまでご相談ください。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

大家という生き方を考えたことはありますか?
不動産経営で時間を買うという考え方
自己資金なしで不動産を購入する
サラリーマンが投資をすべき理由
仕事とは何なのか
会社員だからこそできる資産形成術

最新記事のチェックにフォローしよう