未分類

奨学金の返済でブラックリスト入りする人が増加中

奨学金の返済でブラックリスト入りする人が増加中

日本学生支援機構を知っているでしょうか。

恐らく大半の人が一度は聞いたことがある名前で「奨学金」を貸してもらえる機関であると認識していると思います。

そんな日本学生支援機構の奨学金貸与事業において訴訟が増え続けていることをご存じでしょうか。

シンプルに言えば、

奨学金を借りた人が予定通りの返済をできていない

ということです。

2008年の6月より決まったことは、返済において9ヶ月の滞納をした場合には訴訟を起こされるというものです。

これは、これまでの期間に比べ、かなり早まっています。

訴訟の内容は、利用者またはその保証人に対して一括での返済を求めるものです。

大学、大学院、専門学生などを含むと、約40%の方々が奨学金を利用していますが、2004年には58件だった訴訟件数が、2012年には100倍を超える6923件もの訴訟が起こっています。

様々な理由から返済できない状況に陥ってはいるものの、借りたお金を返さないということは決して良いことではありません。

では訴訟を起こされてしまうとどのような変化が生まれるのでしょうか。

ブラックリストに登録され、カードが作れないくなったり、家を買うローン審査が通らなくなります。

そのため

奨学金は卒業したら一括で返済してしまうことがおススメ

です。

といっても返したくても返せないから奨学金を借りているんだ・・・と思われるかもしれません

しかし、実はある方法を知っていれば奨学金の一括返済はそれほど難しいことではありません。

厳密な審査があるものの、奨学金の返済義務がなくなり、奨学金を一括で返済してしまうことができる方法があります。

一部の人しか知らない方法ですが、知っている人は完済し、知らない人はいつまでたっても返済し続け、ほとんど一生かかって完済を迎える人も少なくはありません。

奨学金は手元に資金がなくても学業を受けるチャンスを得られる仕組みではあるものの、無知なまま借りてしまうと後で困ることになるのは自分自身です。

奨学金を借りていくら素晴らしい勉強をしても、その後の人生を奨学金で振り回されてしまうのは非常にもったいない選択です。

ぜひ奨学金を一括で返済してしまう方法を知ってください。

そんな情報を知りたい方は以下よりご応募ください。

未分類の関連記事

Contents Menu

奨学金で家族が破産する前に対策を
奨学金の返済でブラックリスト入りする人が増加中
車のローン残債340万円が消え去るスキーム

最新記事のチェックにフォローしよう