不動産投資

会社員だからこそできる資産形成術

会社員だからこそできる資産形成術

銀行が融資を受ける上で注意すべきことがあります。

それは

返済能力があるかどうか

です。

ただこの一点に尽きます。

それは、実際の数字や資料以外にも、空気感として感じる担当者の肌感も含まれます。

なぜ唐突に銀行の融資に必要なことを伝えたのかというと、会社員にこそこの融資条件を知っておく必要があることです。

なぜなら、この理屈を知っていれば会社員にこそ資産形成が有利に運べる事実に気づくことができるからです。

では「融資に対して返済能力がある人」とはどんな人を指すのでしょうか。

それこそがまさに、

「会社員」

です。

会社員は毎月しっかりと給料が得られ、厚生年金、社会保険に加入し、税金も源泉徴収税として確実に納めていくことになります。

毎月の安定した収入に関しては、会社員が最も優れていると評価をされています。

この評価を軸にして考えていくと、会社を立ち上げたばかりの個人事業主や会社経営者は社会的な信用はかなり低くなってきます。

つまり、融資やローンの審査は簡単に通ることはありません。

その結果、個人の資産を形成していく上で最大のツールである「不動産」を活用することが難しくなります。

それに対して、ある程度の年収がある会社員であれば、思っている以上にローンを組むことができます。

その結果、不動産を有効活用し、自分の資金繰りの改善を行うことが可能になります。

これは昔からの言葉で言えば「不動産投資」と呼ばれ、「不動産投資」の多くはキャピタルゲインをメインとして狙ってきました。

しかしキャピタルゲインを狙うような不動産投資はリスクが高く、資産と呼べるような代物ではありません。

ここ近年では、不動産を活用し様々なメリットを生み出しながら不動産投資を行う方法が重要になってきています。

不動産投資をしながら、家賃収入を得るという考え方ではなく、自分が実現したいライフスタイルに不動産投資を活用する考え方です。

会社員だからできる資産形成術が確かにあります。

具体的にどのようなことができるか知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまでご相談ください。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

不動産活用を本気で考える人が考えるべきこと
不動産は投資よりも価値貯蔵機能に注目せよ
死んだらプラスになる不動産投資、死ななくてもプラスになる不動産投資①
不動産業者が語りたがらない不都合な真実【LINE会員限定】
これからの時代は不動産投資も女性がリードする時代
不動産経営で時間を買うという考え方

最新記事のチェックにフォローしよう