不動産投資

今、不動産投資するなら選ぶべき不動産

今、不動産投資するなら選ぶべき不動産

不動産投資には不動産の選び方が全てといっても良いぐらい重要です。

今回の記事は直球勝負でいきます。

今、投資すべき不動産とは

・1LDK〜3LDK
・築浅の中古
・埋立地ではなく河川の遠く
・RC造、SRC造
・所有権
・賃料が取れるエリア

です。

上記6項目を見極めることができれば、自ずと優良物件になります。

ひと昔前であれば「1R」がお勧めでしたが、時代が変わり「1LDK」以上の家族が住む物件を現在ではお勧めしています。

そんな物件の情報が次々と私のもとには集まってきています。

と、一口に6項目を言われたところで簡単に判断することはできないと思います。

そのため専門家に任せた方がいい・・・というハナシになりますが、大半の不動産業者は自分達が売ってしまいたいものから順に売っていきます。

それは当然のことで儲けが見込めない物件を、できるだけ好条件に見える形で案内するのが常套手段です。

あまり否定はしたくないものの、当たり前と言えば当たり前の話なので、最終的には業者の見極めが重要になってきます。

とはいえ永続的に商売を行っていく基本は、

お客様にどれだけ安心してもらえる情報を与えることができるか

です。

どんな業者を選んでいけばいいのかお悩みの方は、オカシゴのLINEアカウントまでご相談ください。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

今、不動産投資するなら選ぶべき不動産
不動産経営の成功は業者選びで9割決まる
大家という生き方を考えたことはありますか?
不動産投資よりも不動産積立が会社員には必要不可欠
不動産経営で時間を買うという考え方
お金が貯まる人に共通する統計的な偏り

最新記事のチェックにフォローしよう