保険のハナシ

保険会社の成り立つ仕組み

保険会社の成り立つ仕組み

保険と一口に言っても様々な形の商品があります。

基本的には、月々の掛け金を支払っていれば、予想外の不足の事態にある程度まとまったお金を手に入れることができる仕組みです。

ところで一度はこんなことを思ってみたことはないでしょうか。

それは

月々は少額なのに何故100万円~数千万円のお金を受け取ることができるのか

と。

この答えは簡単です。

保険会社が儲かっているからできる仕組みです。

保険会社は一般的に収益の20~30%程度を顧客に還元していると言われています。

またまとまって得た資金を元に投資を行い、収益の幅を拡大しています。

つまり、

大半の人が損をする仕組みだから成り立っている

ということです。

とはいえ不測の事態が起きた時に保険がなければ困ってしまうことも事実です。

そのため大切になってくることがあります。

それは

なるべく優良な保険に加入すること

です。

具体的に言えば、掛け金ができるだけ少なく、還元されるお金の額が大きい保険です。

大半の方は保険マンに投げっぱなしになっているので、恐らく「仕組み」レベルで考えたことがある人は極一部でしょう。

そのため本日の記事では「保険会社の仕組み」をお伝えしています。

>次のページ:保険マンのコミッションはどこから生まれる?

保険のハナシの関連記事

Contents Menu

保険会社の成り立つ仕組み
生命保険を見直すとお金が貯まるって本当?
毎月あなたが支払う保険料の使い道
年収1000万円の会社員はプライベートカンパニーで収入を増やせ
日本という国の変化が進む
個人レベルのインフレへの具体的な対応策

最新記事のチェックにフォローしよう