不動産投資

不動産を夢の存在から有効活用する思考の変換をしましょう

不動産を夢の存在から有効活用する思考の変換をしましょう

人生の中で、「土地」や「マンション」、「一戸建て」といった「不動産」を所有するというのは、一世一代の買い物というイメージがあります。

しかし「不動産」が真価を問われるのは、買い物としてではなく、活用法を考えることで生きてきます。

確かに多くの人が現金一括で購入できるような価格帯のものではないため、ローンつまりは借金をして購入しています。

借金をすると月々の返済額で苦しめられるイメージがあると思いますが、それを「借金」として捉えるか低金利を「有効活用」しようとするかで「不動産」の捉え方が大きく変わってきます。

自分で買った不動産に自分で住むことは、自分の財布から月々お金を抜いていくことです。

「不動産投資」は基本的に人に家を貸すことで、自分の財布へ月々お金を入れていくことです。

同じローンを組んで持った不動産でも、自分で使えば「負債」であるのに対して、人に貸せば「資産」になります。

また「不動産」は一般的に「固定資産」と言われていますが、減価償却されるものなので帳簿上の価値は下がっていきます。

しかしこの減価償却を活用すれば、節税効果を高めることができるため、支払ったはずの税金を取り戻す方法があります。

また、既にキャッシングやカードローンで抱えてしまった借金を「おまとめローン」で一括化し、月々の返済額を下げ、しかも不動産から月々入って来る収入によって、今までマイナスだったものが、+収支に変化させることもできます。

ここで紹介したような「不動産」の活用方法はほんの一部です。

ほんの一部でさえ、これほどのインパクトを与えることができます。

そして、ここで紹介した方法をやっている人とやっていない人の違いは、情報を「知っている」か「知らない」かだけです。

ぜひ「不動産」は「夢のマイホーム」という思考から「有効活用するもの」という考え方のシフトをすることをおススメ致します。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

借金地獄から抜け出す方法
会社員は独立するより不動産リタイアを目指せ
【第3話】不動産小町の真実~お金のリテラシーを高めるためにやったこと
不動産投資をギャンブルにしないために必要なこと
単身女性が自宅購入する時に考えるべきこと
個人の資金繰りを改善させたいならオカシゴ個人資産コンサルティング

最新記事のチェックにフォローしよう