不動産投資

お金を支払うことになる保険とお金が入ることになる保険

お金を支払うことになる保険とお金が入ることになる保険

世の中にある「生命保険」に代表される「保険」とは、月々お金を支払って何らかの不測の事態に備えておくためのモノです。

「将来のため」、「老後のため」、「子どものため」、「災難時のため」など様々な用途に沿った形で商品が無数に存在しています。

そんなに無数にある保険は、無数にあるが故に、大した検討もすることなく大半の人が契約をしています。

営業マンが知り合いだから断り切れずに・・・という内容を理解しきらずに契約している人が大半ではないでしょうか。

しかし、保険は無数に存在しているので、その仕組みを正しく知った上で活用方法を考えれば、実質的にお金を受け取りながら加入することができます。

前提条件として、社会的な信用が必要にはなるものの、ある程度普通の生活をしている人であれば大半の人が利用可能です。

他に必要なことは「知っている」という知識だけです。

では、保険をどのように活用すれば、お金を得ながら保険に加入することができるのでしょうか。

それは

不動産と組合せて保険を活用すること

です。

不動産とはその存在自体が保険と言えるほど、社会的な価値が認められています。

不動産を持っているだけで銀行が不動産を担保にしてお金を貸してくれるほどです。

しかもその不動産が、ある程度の社会的信用があれば自己資金0円で購入することができます。

また不動産には、インカムゲインとキャピタルゲインが存在するため、適切に活用できれば大きな資産を築くことができます。

とはいえ、不動産を購入するといっても何を買えばいいか分からない人が大半でしょう。

そんな時に助けてくれるのが専門家の存在です。

物件の選定から収支の計算を通して、将来のエリアの予測をたてなければいけません。

しかしそれさえできれば、不動産と保険のダブルで、しかも出費をせずに保証を受けるカタチを創ることができます。

 

毎月コツコツと貯蓄することも大切なことですが、現在の日本の状況を考えれば、いつまでたっても老後の資金が貯まることはありません。

老後資金も含め、子ども達の成長にも合わせた貯蓄を行い、将来的に経済的な困窮に陥らないためにも、世の中にある仕組みを知り、存分に活用することは自分を守るための必須手段です。

「お金」と「仕事」にまつわる有益な情報を「オカシゴ」では配信し続けているので毎日チェックするようにしてください。

また「不動産投資」をお考えの方、ご質問がある方は弊社までご相談ください(LINEアカウントまで)。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

引き戻すことができなくなった不動産経営者の救済マニュアル【LINE会員限定】
【第1話】不動産小町の真実~神田実沙季が社会人になるまで編
不動産投資よりも不動産積立が会社員には必要不可欠
自己資金なしで不動産を購入する
会社員でいることを否定する必要はない
1Rマンション投資のローン残債を一気に短縮できかつ資産形成できる特別な方法

最新記事のチェックにフォローしよう