不動産投資

不動産投資するベストな間取りとは

不動産投資するベストな間取りとは

不動産投資を検討している人にとって購入する「間取り」は一つの大きな悩みのタネです。

一昔前の不動産投資の流れで言えば「1R」が主流でしたが、オリンピックの開催を控えている現在では、状況が大きく変わってきています。

様々な要素が絡み合って流れが変わっていますが、大きな分かりやすい要因としては、オリンピック開催による建設コストが増加し、投資用の新築マンションの建設が緩やかに推移していることです。

そのため、

1Rマンションといった利回りを重視した不動産投資は避けた方が良い

状況が出来上がっています。

では、これからの不動産投資を考えた時に、何を重要視した方がいいのでしょうか。

それは、

空室リスクを抑える、または抑えることができるような状況を創ること

が最重要視されます。

そのためには、空室リスクを抑えた物件を用意できる業者を選ばなければならないことになります。

築浅物件が注目される傾向にありますが、古い物件であっても長期に入居する傾向が強いファミリー層向けの物件も注意を払うべきでしょう。

今後も、東京や東京近郊にあるベッドタウンの人口は増加し続けています。

しかも金利は1%を割るほどの状況です。

そんな状況での最大のパートフォリオ構築方法は、現物の王様と言っても過言ではない「不動産」を有効活用することです。

 

今の時代背景を考えれば、短期的な利回りを重視した不動産投資ではなく、利回りが低くとも長期的に安定して収益が得られる物件を見極めて投資していくことがおススメです。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

【体験談/33歳既婚・子持ちサラリーマン】オカシゴ不動産投資体験記
不動産投資に新築を求めるのは無意味
不動産業者の大半は売りっぱなし
不動産投資のポイントは不動産が高いか安いかではない
不動産の基本は正しい業者選びをすることから
不動産投資の大前提

最新記事のチェックにフォローしよう