サラリーマン

年収が500万円あっても借金はしてしまうもの

年収が500万円あっても借金はしてしまうもの

世の中には様々な年収の人が多いため、全ての人に当てはまることではありませんが、多くの人が500万円ぐらいの年収を目指しているように感じます。

当然ながら1000万円を目指す人、2000万円を目指す人、もっとそれ以上を目指す人など様々ですが、現実的な所に目を向ければ500万円ぐらいを目指している人が多いのではないでしょうか。

ただし、目出すこと自体は向上心があって素晴らしいことですが、目指している目的がずれてしまっていては500万円を達成した所で安心はできないでしょう。

ポイントは

年収が500万円になって生活が安定し楽になること

です。

これは年収500万円だけでなく、すべての年収を目指した時でも同様の考え方です。

例え年収が500万円であっても借金を背負っている人はたくさんいます。

むしろ年収500万円ぐらいの債務者の絶対数は最も多いのではないでしょうか。

では、年収を上げながら生活を安定させていくにはどうすればいいのでしょうか。

それは、

現在の収入から得た資金をもとに未来にお金を生み出す資産をつくること

です。

そしてその資産を創る最大の方法の一つが「不動産投資」です。

>次のページ:不動産投資は単なる金儲けだけの道具ではありません

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

楽な生活がしたい人が今すぐにやるべきこと
不動産経営する時の場所の選び方
会社員でいることを否定する必要はない
ブラック企業で働く会社員におすすめの解決法
【体験談/20歳・独身サラリーマン】オカシゴ不動産投資体験記
自分の本当にやりたいことがみつからずに焦っている会社員が今やるべきこと

最新記事のチェックにフォローしよう