サラリーマン

AI全自動取引ツール「Abit(アビット)」で資産構築する新時代の資産運用

全自動アービトラージ取引ツールAbit(アビット)がこれまでの資産運用の常識を変えます

ロボットが全自動であなたの資産を増やし続けてくれるとしたら、あなたはどうしますか?

しかも、そのロボットがAIを搭載し、常に学習しながら世の中の情勢に合わせて資産の増やし方を変化させ続けてくれるとしたら、あなたはどうしますか?

そんな夢物語を・・・と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、これらは全く夢物語ではありません。

今や大手証券会社や保険会社、銀行など、金融系メジャーの大半では多くのAIロボットが全自動で資産を増やし続けています。

しかも、もはや人間では太刀打ちできないようなスピード・タイミングで決済を行い資産を増やし続けています。

世の中は既にAIロボットの金融戦争が繰り広げられています。

では、もう一つ質問があります。

そんな金融資産を全自動で行うAI搭載のロボットが使えるとしたら、あなたは使いますか?

本日、オカシゴが激しくおススメしたいツールこそが、まさにそんなAI搭載の全自動ツールです。

その名も

全自動アービトラージ取引ツールAbit(アビット)

です。

アービトラージ(裁定取引)について詳しくない方は、後述しているので、現段階ではそんなものあるんだな・・・ぐらいで読み進めて下さい。

細かいことはどうでもいいから「Abit(アビット)」について知りたい方は、記事の後半部分へ読み飛ばしてもらって構いません。

Abit(アビット)は、一日に平均200回、最大で400回の取引を全自動で行い、1日に0.1%ほどの利益を着実に積み重ねていきます。

つまりは月間3%ほどの利回りをコンスタントに叩き出し続けることになります(実際の取引状況は後述しています)。

しかもAbit(アビット)は、AIを搭載しているため、自己学習を進めることで市場の変化を常に捉えながら取引方法を変化させるため、巷に存在する全自動ツールのように時代とともに使い物にならなくなるなんてこともありません。

そんなAbit(アビット)が、この度リリースされることになり、しかも初回のビックなキャンペーンまで用意されていると聞いたら、取り組んでみない手はありません。

そこで本日の記事では、Abit(アビット)について深く理解するために、アービトラージ(最低取引)とは何なのか、そもそも資産を増やす目的は何なのかといった根底部分から丁寧に解説していきたいと思います。

先ほどもお伝えした通り、細かいことはどうでもいいから「Abit(アビット)」について知りたい方はコチラをクリックし、記事の後半部分へ読み飛ばしてもらって構いません。

負けない取引手法「アービトラージ」

アービトラージ(裁定取引)という言葉を初めて聞いた人もいらっしゃると思います。

アービトラージ(裁定取引)はブリタニカ国際百科事典では以下のように紹介されています。

同一銘柄,あるいは質的に同一と位置づけられる金融商品が異なる市場において異なる価格,金利で成立したような場合,割高なほうを売り,割安なほうを買う,売り買い両建ての投資を行なうこと。アービトラージ取引,サヤ取りともいう。同一銘柄などの場合,割高,割安が市場で修正される,価格(金利)裁定が働くことに着目した投資手法。市場の価格は,その本来の価値であるフェアバリュー(適正価格)を追求して値動きするとされるが,現実には,フェアバリューの算出は容易ではない。そこで,価格が異なるものに反対の投資を行なうことで投資のリスクを軽減する。」

ということで何やら難しい説明となっているので、簡潔に言えば

「同じ通貨が、別の取引所で異なった価格の場合、高い方を売り、安い方で買うということを両建てで行うということ。その際に生まれる価格差を利益としていく」

といった金融取引手法のことを言います。

日本国内には6つの取引所が存在しており、ある時間で、最も価格が高い取引所と最も価格が安い取引所を探し出し、同時に売り注文と買い注文を入れて利益を確保していきます。

つまりアービトラージは

理論上100%負けない

金融取引手法として確立されています。

「安い所で買って」、「高い所で売る」わけなので負けるはずはありません。

これこそがまさに

アービトラージ(裁定取引)はノーリスク

と言われる理由です。

問題は、その価格差を瞬時に見分け、瞬時に決済する能力が必要になるわけですが、ロボットにとって最も得意な能力であることを考えれば、一度設定してしまえばいけそうな気がするはずです。

とはいえ、一回の取引で得られる利益は、当然ながら元本によって異なりますが、思っている以上に小さくなります。

しかし、確実に利益を生み出すことが分かっているのであれば、解決法は単純で、取引回数を大きくするか、元本を大きくすれば解決することは明白です。

アービトラージ(裁定取引)のリスク

アービトラージという取引方法に関してもう少し深く掘り下げていきましょう。

アービトラージとは、その取引形態から100%負けない方法と言われています。

つまりはノーリスクということです。

リスクのないところにリターンはないといわれる投資の世界において「ノーリスク」という言葉ほど逆に危険を感じるものはありません。

当然ながらアービトラージ(裁定取引)も万能ではありません。

それを証拠に、アービトラージ(裁定取引)は、多くの取引手法の一つとして採用することが多く、アービトラージのみで取引するケースがほとんどないのが現状です。

ノーリスクであれば、誰もがこの方法を利用すれば資産は負けずに増えていくと思いがちではありますが、世の中そんなうまい話はありません。

取引手法は前述したように「高値で売る」、「安値で買う」ということを同時に行うため負けようがありません。

100%勝ちしかありません。

しかし、詳細にみていくと、取引自体において理論上はノーリスクであっても、取引理論上以外にリスクが存在しています。

例えば、売りと買いが同時に注文できなかったり、PCの調子が悪かったり、雷でPCに影響が出たりなど、取引以外のところでうまくいかないことが容易に想像できます。

もっと言えば、取引所自体に問題が起きてしまえば、理論とは別の世界で発生するリスクに対処することはできません。

通常通り取引が行われている状況下において、アービトラージはノーリスクではあるものの、その根底部分に対するリスクが取り除かれることはないことを頭に入れておかなければなりません。

そのため、理論上ノーリスクと言われていても、多くの運用の中の一つとして捉えなければ痛い目を見る日が来ることは覚悟しておいた方がいいと言えるでしょう。

とはいえ、アービトラージ(裁定取引)は、大手銀行や、大手証券会社などもポートフォリオの中に安全な取引として組み込んでいる状況を見ると、現状において優良な投資手法であることは揺るがない事実と言えるでしょう。

アービトラージは銀行など大手金融機関も取り組む手

アービトラージという取引方法はリスクが最小限であることから、大手銀行、証券会社などの大手金融機関なども運用のポートフォリオに組み込んでいる投資手法です。

銀行では、ほとんどは一般顧客等の預金を運用し、その利益や手数料で経営しています。

一部では高リスク・高リターンな運用も行っているものの、マイナスを被ることは極力避ける姿勢が実情なので、堅実な運用が必要になってきます。

その拠り所として使われているのがアービトラージ(裁定取引)です。

莫大な利益を生み出さなくても、堅実に利益を生み出してくれる存在としてアービトラージ(裁定取引)に頼っています。

大手の金融機関でさえ頼る存在であるアービトラージ(裁定取引)を、我々のような一般人でさえ取り組むことができるのであれば、資産運用、資産形成のポートフォリオに組み込むことは得策と言えるのではないでしょうか

これからの日本は2025年問題なども騒がれているように、GDPの減少に伴う、所得格差、平均年収の減少、外国人雇用によるリストラなど、生活困難者が急増することが見込まれています。

しかしながら、預金神話などが定着している日本人は自分で投資したり、運用したりなどの知識などが乏しいとされている以上、なかなか改善していくことが難しいです。

アービトラージ取引をAIが全自動で行ってくれるアプリがAbit(アビット)誕生

さてお待ちかねの「Abit(アビット)」の解説です。

ここまで読み進めてきた方は「アービトラージ(裁定取引)」の優位性は十分ご理解頂けたと思いますが、実は「アービトラージ(裁定取引)」を行っていくためには、必要な要素が存在していることにお気づきでしょうか?

そうです。

ロボットが必要です。

もちろん人間の手で、同時にたくさんの画面を開いて、ゲームを極めるように手作業で行う・・・ことも不可能ではないかもしれませんが、1日中画面に張り付いて作業しなければなりません。

仮に作業に見合う金額が得られるとしても少しやってられませんよね。

そこで誕生したのが

AI全自動取引ツール「Abit(アビット)」

です。

「Abit(アビット)」は、仮想通貨を利用し、円資産を増やすアービトラージ(裁定取引)を全自動で行ってくれるシステムです。

これまで、様々な仮想通貨を利用してビットコインを増やす手法やツールはありましたが、円を増やすものはありませんでした。

さらに、単純に決済を自動化するだけではなく、AIが搭載されているため、市場の変化に対して「Abit(アビット)」が学習しながら取引を最適化していきます。

さらにさらに、スマホアプリ一つで全てが簡潔しているため、PCをつけっぱなしで放置したりする必要もありません。

登録作業だけしてしまえば、後は完全にほったらかしです。

つまり

とっても楽チン。

お金もどこかの口座に一任して預けるようなものではなく、各個人が管理するの自分の口座で管理します。

そのため、自分自身の口座にお金を入れ、お金の出し入れも自由です。

Abit(アビット)は販売開始以前から、国内外の富裕層からも問い合わせが来ている、現在再注目の資産管理ツールの一つです。

Abit(アビット)をつかった実際の取引状況

では、結局のところ一番気になるポイントである、実際の取引状況をご紹介したいと思います。

以下のグラフはあるユーザーの3か月半のAbit(アビット)資産状況です。

【概要】3ヵ月半で約18万円の利益 (平均月利3.4%)
元手:150万円
◆期間:2018年8月14日〜2018年11月30日

◆結果:1,500,000 → 1,679,974円 (+ 179,974円)

◇8 月   + 23,212円 (+2.46%)

◇9 月   + 65,587円 (+4.04%)

◇10月  + 28,821円 (+1.8%)
◇11月  + 62,354円 (+3.62%)

Abit(アビット)のリスク

Abit(アビット)はアービトラージ(裁定取引)を全自動で行うツールなので、前述した「アービトラージ(裁定取引)」を行う上でのリスクが同じく発生します。

システム障害、取引所の倒産、天災等による休業なとの物理的な問題です。

しかしそれと同時に、Abit(アビット)特有のリスクも存在します。

それは

含み損が発生してしまっている時にシステムが稼働しなくなること

です。

詳しく解説していきたいと思います。

Abit(アビット)は、まず取引所に入金を行うと、各取引所対して日本円とビットコインで半分に割り振られます。

具体的に言えば、30万円を一つの取引所に入れると、15万円がそのまま日本円、残りの15万円がビットコインへと自動で変換されます。

これがAbit(アビット)が取引を始めるための初期設定です。

取引の最中は、15万円が増減したり、15万円分のビットコインが増減しながら、その利ざやを確保していくことで利益を確定していきます。

そんな中、もしこの取引の最中に、相場に急激な暴落が起こったとします。

すると、AIが暴落した際に売却すると、損切りしてしまうというリスクが発生することから売買を停止します。

分かりやすい投資用語で言えば「塩漬け」になります。

アービトラージ(裁定取引)は両者を売買することで成り立つ投資手法なので、その一方でも売買を停止してしまうと成り立たなくなってしまいます。

これは損失が出るという意味ではなく、利益を生み出さなくなってしまうという意味です。

シンプルに言えば機会コストを損失してしまうことになります。

とはいえ、このリスクに対しても対応策は存在しています。

その方法とは

・安い価格時に運用資金を追加する
・そのまま価格が上がるまで待つ

という2パターンです。

ちなみにAbit(アビット)は、取引以外の物理的なリスクに対しては最大限のリスクヘッジを行っています。

制作しているシステム会社は行政の仕事を受注するような優秀企業でありメンテナンスは随時行われ、サーバーに対しても年間120万円のコストをかけ、利用している取引所は金融庁登録業者しか扱っていません。

ポートフォリオ構築のススメ

オカシゴでは、再三お伝えしてきましたが、日本人は「お金」に対する知識が欠如しているため「ポートフォリオ」という概念を持っていません。

欧米をはじめとした先進国においては、一般人レベルで常識となっている考え方です。

資産形成や資産運用をしていく上で、最も重要なことは「リスクマネジメント」です。

世界的に有名な投資家も、一極集中の投資よりも、分散投資を進めています。

1.堅実な投資を多数持つ
2.メリットの大きな投資を多数持つ
3.上記2つを併せ持つ

分散投資を行っていくことで、自分自身の資産のポートフォリオを組み、現在と将来の自分自身の生活を豊かにしていく必要性があります。

特に現代の日本のように、給料も今後あがることは期待できず、税金の比重は高まり、作業構造が大きく変化していく国にとってポートフォリオの構築は必要不可欠です。

既にポートフォリオの構築に取り組んでいる人にとっては、大きな柱となる一本として、まだ取り組めていない人にとっては第一歩としてAbit(アビット)は強力なポートフォリオ構築の一助となってくれるでしょう。

リスクを限りなくヘッジし、メリットを最大限享受できるような方法として、Abit(アビット)を資産形成のプラスアルファに加えてみてはいかがでしょうか。

Abit(アビット)申し込み方法

AI全自動仮想通貨アービトラージシステムAbitの利用方法を簡単にお伝えしたいと思います。

ご覧頂ければ分かると思いますが、ほとんどが申請に関する内容で登録が終わってしまえばほとんどすることは何もありません。

1.http://www.abit.tokyoにアクセスください。
2.遷移した画面の下部に「利用規約」があり、内容を確認頂き、同意頂いた上でお申し込みください。
3.同意が完了致しましたら、申し込み画面へと遷移します。
4.支払い方法をご選択頂きます(銀行振込およびカード支払い。カードは基本一括支払いになりますが、後日カード会社に連絡し分割を希望し分割支払いにする事も可能)。
5.支払い完了後、ログイン画面、IDおよびパスワードをメールにて送付いたします。
6.指定する仮想通貨取引所に口座開設を行います。(口座開設方法は別紙にてお渡しいたします)
7.APIを取得しAbitに認識させます。(方法は別紙をお送りしますのでそちらを参照ください)
8.各取引所に運用資金を入金し入金額をAbitにて設定します。
9.Abitのスタートボタンを押してスタートになります。

上記が一連の流れとなっております。

実際にお申込み頂いた後、分かりやすい資料もご案内いたします。

また、カスタマーサポートや電話サポート、メールサポートも完備しておりますので、全ての疑問点をご解決の上、お申込み下さい。

【オカシゴ経由限定】 Abit(アビット)30日間無料キャンペーン

さて、ここまでAbit(アビット)のメリットを散々お伝えしてきましたが、論より証拠、結局はやってみて効果を実感してみることが一番です。

通常では、Abit(アビット)は初期導入費として50万円必要になるものが、オカシゴ読者であれば30日間無料でお試しいただくことができます(※一部条件あり)!

これはAbit(アビット)が絶対の自信を持っている証と言えます。

このキャンペーンは販売開始を記念したものなので、定員数がオーバーするといつ終了するか分かりません。

ぜひこの機会にAbit(アビット)の実力をお確かめください!

【Abit(アビット)30日間無料キャンペーン】

下記の条件を満たした方のみ30日間無料でシステム利用ができます。

・最低300万円を運用できる方
・30日間利用後50万円(初期導入費用込み)一括購入できる方

また、まとまった資金が用意できない方は以下のキャンペーンもご用意しました!

応募はAbit(アビット)のLINEアカウントまで「Abit(アビット)30日間無料キャンペーン」とメッセージください。

まずはお気軽にお問い合わせください

少しでも興味がある方は、お気軽にAbit(アビット)のLINEアカウントまでお問合せください。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

会社員という働きアリからの脱却方法
会社員は特権階級
自己破産を前向きにとらえよう
会社員が不労所得で年間3,000万円生み出す方法
楽な生活がしたい人が今すぐにやるべきこと
個人レベルのインフレへの具体的な対応策

最新記事のチェックにフォローしよう