不動産投資

お金が貯まる人に共通する統計的な偏り

お金が貯まる人に共通する統計的な偏り

資産を形成していく上で、様々な投資活動を行っている人がいます。

おそらくオカシゴをご覧になっているということは、資産形成に興味がある、あるいは既に始めている方が大半だと思います。

そんな方に耳寄りな情報があります。

それは

資産形成を上手くやる人にはある統計的な偏りがある

ということです。

つまりその傾向と同じことをすれば、うまく行く可能性が高いということです。

今から資産形成を始めようと思う人はぜひその傾向を意識して取り組んで頂きたいと思います。

では、資産形成がうまく行っている人にはどのような傾向があるのでしょうか。

それは

少額や低利率であったとしてもプラス収支で運用が行えていること

です。

何を当たり前のことを・・・と思われたかもしれませんが、現実を見ていけばプラス収支を維持できている人はほとんどいません。

最初のうちはよかったけど・・・営業の人に言われたのと違った・・・経済状況が一変した・・・といった理由でマイナス収支で運用している人が大勢います。

そしてたいていの人は、最後の一発逆転を信じて、そのマイナス収支を継続します。

当然ながら、一発逆転をする人も中には存在するとは思いますが、大半は何も訪れないか、仮に一発逆転をしても、また別のところで大きな失敗をしてしまうでしょう。

資産形成とは、一時的に膨れ上がっても意味がありません。

生涯にわたって増加傾向にあることが最も重要です。

そのため、先ほどの考え方「少額や低利率であったとしてもプラス収支で運用が行えていること」が最重要になってきます。

一般的に投資とは

・利回りが高いものにはリスクがある
・利回りが低いものはリスクも低い
・事業性を考えて税金、借金などのキャッシュアウトに備えなければならない

ものです。

大前提として、ポンジススキームや詐欺要素が含まれる投資は条件外としても、上記の条件の考え方をもとにプラス収支になるように考えなければなりません。

 

ただ、注意して頂きたいことは「失敗」を恐れてチャレンジしないことはないようにしてください。

投資に失敗はつきものです。

とはいえマイナス収支になるようなことをしてはいけません。

つまり、

失敗してもマイナス収支にならないようにリスクヘッジしておくこと

です。

仮にどんなに美味しい話であっても、失敗した場合にヘッジできないようなリスクを負ってはいけません。

それらの条件を考えていった時に「不動産経営」は最も適した投資手段だと言えます。

「不動産経営」であれば、物体がれっきとして存在を確認できる上に、銀行の融資がつきやすいため人様のお金を使って自分の資産を形成することができます。

購入する場所さえ間違えなければ、資産としての価値が0になることは考えにくく、様々な方法を複合しやすい投資方法なので、自分の資産を守り、自分の家族を守るためにも取り組むべき投資方法だと言えます。

不動産投資は入口と出口の部分を確実に設計すれば、プラス収支で運用しやすい数少ない投資方法です。

詳しい運用方法は、個別の資産状況によって異なるため、不動産を活用して資産形成を行いたい方はオカシゴのLINEアカウントまで「不動産経営にチャレンジしたい」とメッセージください。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

1Rマンション投資のローン残債を一気に短縮できかつ資産形成できる特別な方法
会社員であることを最大限に謳歌する方法
会社員でいることを否定する必要はない
個人レベルのインフレへの具体的な対応策
不動産業者が語りたがらない不都合な真実【LINE会員限定】
これからの時代は不動産投資も女性がリードする時代

最新記事のチェックにフォローしよう