お金のハナシ

銀行といっても様々な種類がある

銀行といっても様々な種類がある

「銀行」と聞くと誰もが一つのイメージを抱くと思います。

しかし、一つ考えてみて頂きたいことがあります。

それは「飲食店」と聞いてあなたはどんなイメージをするのか、ということです。

ラーメン屋さんもあれば、創作料理のお店、イタリアンやフレンチ、お寿司屋さんなど・・・挙げ始めたらキリがないほど存在しています。

それにも関わらず「銀行」と聞くと一つしかイメージがわかないのは不思議でなりません。

これは偏に、日本人の金融リテラシーが低いことに起因するのですが、銀行といっても預金業務を行う銀行、預金業務のないような銀行、運用専門の銀行やローン専門の銀行など様々なジャンルが存在しています。

銀行といっても飲食店と企業努力は変わりません。

しかし「銀行」には何か「威厳」を感じ、精神的に下手に出てしまう部分があるかもしれません。

とはいえ「銀行」もあくまで企業の一つです。

企業である限り利益を求め、組織が創られ、運営されています。

そのため、み〇ほ銀行や三〇銀行といった大手ばかりでなくても、自分にあった銀行を選ぶことができます。

例えば、マイホームを検討するのであれば、最低でも10行以上の銀行周りをすることをおススメ致します。

そして交渉人のように、複数の銀行を天秤にかけ、より好条件の融資を引き出すようにしましょう。

どうしても「銀行」や「医者」と聞いてしてまうと引け目を感じてしまうかもしれませんが、あくまで彼も人でしかありません。

確かに「勉強」ができるので「知識」は持っているかもしれませんが、社会に出れば学校の勉強がほとんど役に立たないことを皆が知っているはずです。

それはどんな業界においても同じことです。

全ての動向を自分の意思で動かしていきたいのであれば、現在の全ての根底にある「お金」について学ぶことが最優先事項でしょう。

これは決して「お金」が全てという意味ではなく、現在最もエネルギーの強い存在が「お金」であるから学ぶべきとお伝えしているに過ぎません。

間違っても「お金」のために生き、「お金」のために死ぬような人生が幸せであるはずはありません。

そんなことにならないためにも「お金」にまつわる勉強を今すぐ始めることをおススメ致します。

お金のハナシの関連記事

Contents Menu

自分のお金を守りたければ貯めるのではなく動かす
お小遣いを増やしたい会社員の現金形成術
お金が貯まらない人の特徴
貸借対照表を読み取る能力が一般人に求められている理由
2018年末に難民にならないことを保証されていない日本
仮想通貨/暗号通貨は儲かるかを徹底解説

最新記事のチェックにフォローしよう