不動産投資

大家という生き方を考えたことはありますか?

大家という生き方を考えたことはありますか?

衣食住は人間にとって欠かせないものです。

寒さをしのぐための着るもの、肌を曝け出さないようにマナーとしての着るもの、生きるために必要な栄養素を取る食べ物、精神的に落ち着けるように一人の空間を作る住まい、家族との団欒を楽しむ住まい、など、人は衣食住が満たされてこそ幸せに生きていけるといっても過言ではありません。

そんな衣食住の中でも「住」に焦点を絞って考えてみると、住まいのカタチは様々です。

「一戸建て」や「アパート」、「マンション」など様々な建物が建てられています。

そしてそれらの建物には必ず「大家」と呼ばれる建物のオーナーが存在しています。

「大家」は個人であることもあれば、企業や国、地方公共団体など様々ですが「大家」が存在しない建物は存在しません。

これはどういうことを意味しているでしょうか。

それは

必ずどこかで「大家」という形で収入を得ている人が存在していること

です。

なぜこれほどまでに、世の中には「大家」と呼ばれる人達が存在しているのでしょうか。

それは

「大家」になることは最も効率的な資産形成方法の一つだから

です。

オカシゴでは常日頃から、将来に向けた資金繰りを若いうちから行っていかなければいけないという警笛を鳴らしています。

会社員が定年退職をし、平均寿命まで生きることを仮定すると、5000万円から1億円近いお金が必要です(『日本は長生きすることがリスクの時代』)。

根本的な要因は「お金」ですが、何処に住み、どのような生活水準で生活ができるのか、できるだけ早く考えることで実現度合いや実現難易度が変わってきます。

では、将来に向けて「お金」事情を考えて行く上で大切なこととは何でしょうか。

それは「税金」です。

「税金」との付き合い方が資産形成に大きな影響を与えます。

 

「税金」はこれからも、どんどん増えていくことは明らかです。

稼ぎを増やせば増やすほど、税金を納める金額は増長し、人よりがんばって初めて平行線といった状態です。

そんな「税金」の恐怖から救ってくれるものこそが「不動産」の活用です。

「不動産」は富裕層がお金を「儲ける」ための投資方法であると認識されています。

しかし本来は、資産を着実に構築していくための堅実な投資方法です。

そしてそれは、富裕層よりもむしろ一般的な会社員にこそ適した方法です。

ぜひ今こそ「お金の仕組み」、「税金の仕組み」、「不動産の活用方法」を同時に学び始めることをおススメ致します。

具体的な内容を知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまで「不動産の活用方法が知りたい」とメッセージください。

また、オカシゴでは会社員の方に向けた『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

不動産投資の関連記事

Contents Menu

お小遣いを増やしたい会社員の現金形成術
不動産投資 成功の鉄則【無料プレゼント】
不動産一般論破壊レポート【LINE会員限定】
不動産投資のポイントは不動産が高いか安いかではない
会社員(サラリーマン)が100万円の借金をしてしまったらやるべきこと
不動産業者の大半は売りっぱなし

最新記事のチェックにフォローしよう