サラリーマン

会社員という道を選んでしまったあなたへ

会社員という道を選んでしまったあなたへ

日本の教育は、働きアリを量産する仕組みであることは有名な話です。

実際には、高度経済成長期に加工貿易によって世界の覇権を握っていた時代があったことも確かなので、その仕組み事態を否定するつもりはありません。

大きな利益を生み出すことはなくても、大きな失敗をすることがないというメリットが存在しているのも事実です。

それに対してアメリカは、経営者を輩出するための教育をベースに置いているため、起業する人は日本に比べて圧倒的に多くなっています。

チャレンジや失敗を許容し、むしろ奨励しています。

当然ながらアメリカの教育にも弱点があり、大きく成功する以上に大きく失敗する人がたくさん生まれます。

とは言え、本日の記事で考えて頂きたいことは、どちらの教育が正しいとか、今後の日本がどうなっていくべきか・・・といった話ではありません。

何が言いたいかというと

日本人は会社員であることのメリットを知らないし、活かしきれていないという事実に気づくべき

ということです。

基本的に、その国が奨励している仕組みに乗っかることは、それに見合うだけのメリットが用意されています。

しかしそのメリットが見えやすいか見えにくいか、時代にあっているかあっていないかというだけでしかありません。

日本の教育が働きアリを量産する仕組みなのであれば、その仕組みの中にあるメリットを見つけることができます。

それはつまり「会社員であることのメリット」です。

日本と言う国は、勉強に励み、一流の大学を卒業し、一流企業に就職することを奨励しています。

そのため、会社員として、一流起業に就職することはある意味で人生として成功者であるともいえます。

実際にある仕組みを知っていれば、一流企業に勤めていれば、5~6年あれば一生分の資産を形成できてしまう事実もあります。

つまり、

現在の時点で会社員をやっている人は大チャンス

ということです。

では、日本において会社員であることのメリットは何なのでしょうか。

そのメリットとは、

社会的信用が高いこと

です。

 

社会的信用とは曖昧な概念かもしれませんが、分かりやすく言えば収入が安定している人です。

そこには金額以上に、継続的に一定の金額が収入として得ていることが重要です。

そのため、社会的信用という観点で見れば、一介の社長よりも一流起業の会社員の方がよっぽど高く評価されます。

とはいえ、社会的信用が高いからと言って何がメリットなのか分からない人が多いでしょう。

社会的信用で何ができるかなんて大半の人が知りません。

というより大半の人が知らないからチャンスだと言えます。

何やら最近の風潮では、会社員に対してネガティブな印象があり、独立を勧める流れがありますが、ブームになってしまっている時点で注意が必要です。

具体的に社会的信用をどのように活用すればいいのか知りたい方は、オカシゴのLINEアカウントまで「社会的信用の活用方法を知りたい」とメッセージをしてください。

また、オカシゴでは会社員の方に向けた『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

何をやっても空回りしてしまう会社員におすすめの解決方法
会社員が子どもの将来を本気で考えるならやらなければならないこと
ブラック企業で働く会社員におすすめの解決法
会社員が不労所得で年間3,000万円生み出す方法
会社員は独立するより不動産リタイアを目指せ
【体験談/33歳既婚・子持ちサラリーマン】オカシゴ不動産投資体験記

最新記事のチェックにフォローしよう