サラリーマン

会社員という働きアリからの脱却方法

会社員という働きアリからの脱却方法

社会の構造を考えたことがあるでしょうか。

社会という単位は様々で、国や会社、家族などそれぞれの構造があります。

社会とは、「組織」と言い換えることも可能で、組織には必ずリーダーが存在します。

国には首相が、会社には社長が、家族にも主人がいます。

つまり、社会には、社会に属する人達を牽引する人物が存在する仕組みになっています。

そして、一番上に位置するものが一番偉いという構造がれっきとして存在しています。

その結果、

下位に位置するものは、上位のもののいうことを聞くというルール

が出来上がります。

しかし、これらの構造は人間として能力を最大限発揮しているとは言えません。

人間には一人一人の個性や能力があり、必ずオンリーワンの存在です。

徐々に世の中がその方向性に向いているとはいえ、日本はどうしても権利が邪魔をして一向に進みません。

それにも関わらず、自分の身は自分で守れ・・・と言わんばかりの法律や制度が生まれて行っています。

いち早く現状に気づき、働きアリ状態から脱却する方法を考えなければなりません。

会社員が働きアリから脱却する最も有効的な方法は「不動産投資」です。

もちろん他にも方法は存在していますが、具体的にアイディアがない人は会社員であるうちに「不動産投資」の勉強を始めることをおススメします。

「不動産投資」は会社員という特権を最大限に活かす方法が存在しています。

一般的には富裕層が行う投資方法だと考えられていますが、仕組みを知れば会社員に最も適した方法であることを理解できるでしょう。

具体的な話が聞きたい方は、オカシゴのLINEアカウントまで「働きアリからの脱出法」とメッセージください。

また、これから不動産投資を始めようと思っている会社員の方には、『サラリーマンのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをまとめているので、具体的な内容が知りたい方はご確認ください。

女性の方には『OLのための最強資産形成マニュアル【LINE会員限定】』という無料レポートをご用意しております。

サラリーマンの関連記事

Contents Menu

毎月10万円を貯金する方法
オカシゴ徳政令で借金を一括返済
サラリーマンが投資をすべき理由
会社員がいくらがんばっても貯金できない理由
年収が350万円でも不動産投資はできる
会社員は独立するより不動産リタイアを目指せ

最新記事のチェックにフォローしよう