不動産経営

不動産経営の期待値を数値化しましょう。

不動産経営の期待値を数値化しましょう。

インターネットの発達を中心に情報社会となった今日において、どんなビジネスをする時にでも、まず第一に情報を獲得し自分自身で分析するようになりました。

そしてその分析の結果、自分の判断に期待感を持てるかどうかで、そのビジネスに取り組むか否かを決定しています。

期待感はあくまで感覚的な要素が強いのですが、科学的な捉え方をすれば「期待値」という考え方が存在しています。

期待値とは

「確率論」の一つとして計算される「確率変数の実現値」を「確率の重み」で平均した値

のことを言います。

とこんな書き方をすると、数学の先生ではない限り、なかなか馴染みのない言葉ではあります。

ギャンブルで例えれば、かけた金額に対して戻って来る見込みの金額のことを指します。

ギャンブルで言えば「還元率」というような呼ばれ方もします。

期待値は感覚とは異なり、科学的根拠を元に確率を導き出すので、悩んだ時の判断基準の一つに活用できます。

ちなみに「不動産経営」においても「期待値」を導き出すことは可能です。

当然ながらその「期待値」は置かれている人の状況によって具体的な数値は変化してきます。

しかし「富裕層」が決まって「不動産経営」というビジネスに取り組んでいるところをみると、彼らの判断では期待値が高いことを意味しています。

彼ら「富裕層」が「富裕層」になった理由を考えれば、彼らが抱く期待値に対しての分析をしてみた方がいいでしょう。

そして自らのケースに置き換えて、不動産経営がもたらす期待値を計算してみましょう。

仮にあなたが会社員であるならば、不動産経営以上の将来的な資産形成方法は存在しないことに気づくはずです。

具体的に不動産経営をすることで個別に相談がある方は、今すぐオカシゴのLINEアカウントまでお問合せください。

不動産経営の関連記事

Contents Menu

サラリーマンが投資をすべき理由
会社員が不動産経営に向いている理由
OLは今すぐ不動産小町と仲良くなるべし
会社員が早期退職で悠々自適な生活を送る方法
年収が350万円でも不動産投資はできる
不動産投資で毎月マイナス収支になっている人の対処法

最新記事のチェックにフォローしよう