借金・ローン

奨学金を一括返済して完済してしまう方法

奨学金を一括返済して完済してしまう方法

奨学金の返済ができずに破産してしまう人が急増しているようです。

良い職場で働けるようにと何らかの勉強のために奨学金を取得しているにも関わらず、破産してしまっているとしたら本末転倒な状態に陥っています。

奨学金破産者は社会的な問題となりつつあります。

自分は大丈夫と思わずに、その内容を把握しておく必要があります。

とくに奨学金の仕組み上、債務者だけでなく、その親族まで破産してしまう危険性を伴っています。

奨学金を提供しているのは日本学生支援機構です。

同機構は奨学金を借りた人に対して以下の2パターンの保証制度を設けいています。

・保証機関を活用するパターン
・人的保証を活用するパターン

の2パターンがあります。

保証機関を利用する場合には、返済の滞納が起こった際に、まずは、日本学生支援機構から「債務者」に連絡が入ります。

ところが支払いができない状態が12ヶ月を超えると、日本学生支援機構は保証機関へ連絡をして、延滞を立て替えてもらいます。

その後、保証機関から債務者へと連絡が入る仕組みです。

それに対して、人的保証を利用した場合は、債務者が延滞や滞納した後、本人による継続的支払いができなかった場合には、親に催促が行くことになります。

さらにその親も支払いが困難になると、その親戚まで催促がいくという仕組みになっています。

つまり、

奨学金を人的保証で借り入れた場合、最悪のケースでは親戚までもまきこんでしまうことになりかねない

ということになります。

奨学金と言えば聞こえは良いですが、その内情はただの借金です。

そんな借金が、ほとんど関係のない親戚まで取り立てがいくのはたまったものではありません。

それでも破産者が続出している所をみると、毎月の返済をできるような経済的な体力を持っていないことが伺いしれます。

現在もコツコツ返済している人でさえ、いつ何時なにが起こるかわかりません。

返済能力がなくなってしまう前に何らかの対策をしておかなければなりません。

オカシゴでは「オカシゴ徳政令」という借金一括返済プログラムを提供しています。

もちろん奨学金の返済も「オカシゴ徳政令」のサービス対象なので、親や親族を巻き込んでしまうことのないように自力で完済してしまうようにしましょう。

奨学金は間接的に国から借りているお金です。

他の取り立てとは異なり、国はどんな手段を使ってでも回収する機能を持っています。

変なプライドを持っているぐらいなら、今すぐに捨てて奨学金の完済を勧めましょう。

「オカシゴ徳政令」はそんな手段として最も有効的な方法と言えるでしょう。

気になった方は「オカシゴ徳政令」の記事をご覧ください。

借金・ローンの関連記事

Contents Menu

若者に急増している借金のこと
オカシゴ徳政令で借金を一括返済
離婚する男性は借金をしやすい
家計簿を見てため息をつく会社員を夫に持つ主婦の解決方法
借金地獄から抜け出す方法
借金から抜け出す第一歩は一本化すること

最新記事のチェックにフォローしよう